■プロフィール

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 受験済
217 2017.01 申込み済
218 2017.03 申込み済
219以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2016年TOEIC流行語大賞募集!
これまで2013年から2015年まで、このブログでTOEIC流行語大賞の募集をしてきましたが、今年もやります!1年の締めくくりにTOEICを振り返ってみる良い機会ですからね。

大賞といっても、ひとつには絞りきれませんので、恒例に従って、金メダル・銀メダル・銅メダルの3つに決めたいと思います。毎年、僕が参加者の皆様の反応を伺いながら勝手に決めていることなので、結果については異論のある方もいらっしゃるかもしれませんが、そこは広いお心でご容赦くださいませ。

過去3年の受賞流行語は以下のブログ記事をご参照くださいね。

2015年TOEIC流行語大賞発表!
2014年TOEIC流行語大賞発表!
2013年TOEIC流行語大賞発表!

それでは募集開始いたします。12月24のクリスマスイブの24時を締め切りとし、翌日のクリスマスに発表したいと思います。

応募方法は、このブログへの書き込みです。お名前を知られたくない方は隠しコメントでも結構です。例年、ブログコメントではなく、Twitterで応募される方がいらっしゃいますが、僕の見落としが発生する可能性がありますので、このブログへの書き込みだけで一元管理させていただきます。

それでは、始めまあ~す!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト


未分類 | 20:27:47 | トラックバック(0) | コメント(22)
コメント
ありきたりですが
2016年度のTOEIC界を振り返ると、
「最も使われた表現」といえば10年ぶりのコレにつきると思います。

「新形式」

それまでの第2世代は「新TOEIC」と言われていたので
年はIPは「新TOEIC」で公開が「新形式TOEIC」で
韓国模試では「신」という文字が活躍しました。

よく知らない人には
「何のこっちゃ?」だったかも知れません。

2017年度からはめでたく
公開とIPが「新形式」に統一となりますね。

それにしても
いつまで「新形式」と呼べばいいんでしょうかね?
2016-12-16 金 13:17:48 | URL | VOZE [編集]
ついでにもう1つ
「新形式」つながりでもう1つ応募。

「MIC」 (Meaning in Context)

新形式で登場した「意図問題」のことです。
私はTommyさんからこの用語を聞いたのですが、
その後セミナーでお聞きしたヒロ前田先生の話では
「意味」ではなく「意図」を聞いているのだから
「MIC」は用語として不適切ではないかということでした。
私も「MIC問題」ではなく「意図問題」と呼んでいます。

実は、このタイプの問題、
5月に登場してしばらく誤答が続きました。

しかし、ここ2回(11月、12月)は
攻略できたようで、やれやれと胸をなで下ろしています。
2016-12-16 金 13:27:01 | URL | VOZE [編集]
自分もMICに一票(MIC一番手かと思ったらもう先がいたとは)
新形式の代表がMICと言えます。LR関係なく共通して出題される新形式部分。それがMIC
本来この言葉を最初に活用された方が表彰されるべきなんでしょうが、今となっては名付け親がどなたかなのかさっぱり^^;

「MIC」でググってみてください。見事に関連のないサイトしかヒットしませんw
しかしこれを「MIC TOEIC」でググると・・見事2番目にRabbitさんのブログが!
そしてその下3番目に恐れ多いことにマイブログが・・もうこれだけで感無量です(笑)
2016-12-16 金 18:52:36 | URL | たか [編集]
新形式
私も、新形式です。
二番めは、oversee です。
三番めは、植物園 です。
まちかまえたけど、でなかった単語です。
番外でL&Rです。
酔いしれお年を。
その前に、
良いクリスマスを!
2016-12-17 土 14:44:40 | URL | さざんがきゅう [編集]
流行語?
「次は何TOEIC?」(http://pure-jam-bluenote.hatenablog.com/entry/2015/10/29/113000)の記事を書いた時に、HBKさんがtwitterで投稿して下さった

「三代目TOEIC」

に一票お願いします。
今ブログ等でこの呼び方を使ってるの、HBKさんと私だけで、全然流行してないんですが…(苦笑)。
2016-12-18 日 10:11:08 | URL | AKKO [編集]
わかりやすい!
なるほど~「三代目TOEIC」ですか。
なんだか「三代目J Soul Brothers」みたいですね~

確かにわかりやすいけど書籍タイトルにはどうか?
「三代目TOEIC対応 模試問題集」とか?

iPodみたいに「第3世代」という表現も可能ですね。
あ、でも「流行語を作るコーナー」じゃありませんでした。
2016-12-18 日 10:50:20 | URL | VOZE [編集]
3つ考えました
その1
What does the man mean when he says?
何回も聞くことになったのですらすらと言えるようになった。

その2
QRコード
出てきたときは四角の大きさや位置を思えたものです。

その3
連続5模試
某語学学校のモニタリングの企画で、最大一日に5模試受けられるというもの。9時半集合で終了も9時半。30分間休憩があるものの、解答用紙を回収したり配ったり、校長の意味深い話がありということで実質的な休みは20分程度だった。
2016-12-18 日 22:48:36 | URL | Ringo [編集]
Re: ありきたりですが
VOZEさん

> 2016年度のTOEIC界を振り返ると、「最も使われた表現」といえば10年ぶりのコレにつきると思います。
> 「新形式」

やはり、そうですかね。いつの間にか、しっかり定着しましたね(笑)。

> それまでの第2世代は「新TOEIC」と言われていたので
> 年はIPは「新TOEIC」で公開が「新形式TOEIC」で
> 韓国模試では「신」という文字が活躍しました。

新々TOEICという言葉も出てきましたが、何故か座りが悪くて定着しませんでしたね。

> よく知らない人には「何のこっちゃ?」だったかも知れません。

トーイッカーさん達しか分からない世界でしょう。

> 2017年度からはめでたく公開とIPが「新形式」に統一となりますね。

そうですね。2つも形式が並存するのも厄介です。

> それにしても、いつまで「新形式」と呼べばいいんでしょうかね?

2017年度からは普通にLRテストになったりして・・・。

応募有難うございました。
2016-12-19 月 18:53:48 | URL | Rabbit [編集]
Re: ついでにもう1つ
VOZEさん

> 「MIC」 (Meaning in Context)

これも絶対出ると思ってました!誰が言い出したのですかね?今となっては謎です。

> 新形式で登場した「意図問題」のことです。
> 私はTommyさんからこの用語を聞いたのですが、
> その後セミナーでお聞きしたヒロ前田先生の話では
> 「意味」ではなく「意図」を聞いているのだから
> 「MIC」は用語として不適切ではないかということでした。
> 私も「MIC問題」ではなく「意図問題」と呼んでいます。

意図問題もエントリーですね。Intention in Contextで略して、IICですかね?IIBCに近くなってしまいますね(汗)。

> 実は、このタイプの問題、
> 5月に登場してしばらく誤答が続きました。
> しかし、ここ2回(11月、12月)は
> 攻略できたようで、やれやれと胸をなで下ろしています。

僕は、これをやつけるために力を使い果たして従来からの普通の問題を落としています・・・。

頑張ります。
2016-12-19 月 18:57:23 | URL | Rabbit [編集]
Re: タイトルなし
たかさん

やっぱりMICですよね、MIC!

> 自分もMICに一票(MIC一番手かと思ったらもう先がいたとは)
> 新形式の代表がMICと言えます。LR関係なく共通して出題される新形式部分。それがMIC
> 本来この言葉を最初に活用された方が表彰されるべきなんでしょうが、今となっては名付け親がどなたかなのかさっぱり^^;

一体誰なんですかね?この名付け親は?

> 「MIC」でググってみてください。見事に関連のないサイトしかヒットしませんw
> しかしこれを「MIC TOEIC」でググると・・見事2番目にRabbitさんのブログが!
> そしてその下3番目に恐れ多いことにマイブログが・・もうこれだけで感無量です(笑)

たかさん、お互い、やりましたねっ!←何を?

おお!確かにググると出てくる(笑)!我々の勝利ですね。←だから何で?

応募有難うございました!
2016-12-19 月 19:00:15 | URL | Rabbit [編集]
Re: 新形式
さざんがきゅうさん、

やっぱり一番手は新形式ですか?これをひっくり返すのは難しそうですね。

結果が楽しみです!
2016-12-19 月 19:06:59 | URL | Rabbit [編集]
Re: 流行語?
AKKOさん、

> 「次は何TOEIC?」(http://pure-jam-bluenote.hatenablog.com/entry/2015/10/29/113000)の記事を書いた時に、HBKさんがtwitterで投稿して下さった「三代目TOEIC」に一票お願いします。

三代目TOEICですか?魚河岸三代目みたいでいいですね。ちなにみ僕は、このブログでは第3世代TOEICと呼んでいました。

> 今ブログ等でこの呼び方を使ってるの、HBKさんと私だけで、全然流行してないんですが…(苦笑)。

AKKOさんとHBKさんが使ってるなら、それで十分です。ムフフ。
2016-12-19 月 19:09:08 | URL | Rabbit [編集]
Re: わかりやすい!
VOZEさん

> なるほど~「三代目TOEIC」ですか。
> なんだか「三代目J Soul Brothers」みたいですね~
> 確かにわかりやすいけど書籍タイトルにはどうか?
> 「三代目TOEIC対応 模試問題集」とか?

確かにテキストには不向きな感じもしますね。

> iPodみたいに「第3世代」という表現も可能ですね。

こっちのほうがありそうです。何か相応しい愛称をつけたいものですね。

> あ、でも「流行語を作るコーナー」じゃありませんでした。

長いこと、TOEICやってるわけですから、ひとつくらい作ってもバチは当たりませんよ。
2016-12-19 月 19:13:48 | URL | Rabbit [編集]
Re: 3つ考えました
Ringoさん

> その1
> What does the man mean when he says?
> 何回も聞くことになったのですらすらと言えるようになった。

不思議と耳の残るフレーズですよね。日常会話では聴きそうにないけど・・・。

> その2
> QRコード
> 出てきたときは四角の大きさや位置を思えたものです。

これもビックリしましたねえ。そこまでするか?と思ったものですが、今では慣れましたね。

> その3
> 連続5模試
> 某語学学校のモニタリングの企画で、最大一日に5模試受けられるというもの。9時半集合で終了も9時半。30分間休憩があるものの、解答用紙を回収したり配ったり、校長の意味深い話がありということで実質的な休みは20分程度だった。

一緒に受けましたねえ。校長先生のユニークなキャラクターが際立ったイベントでした(笑)。
2016-12-19 月 19:17:50 | URL | Rabbit [編集]
流行語大賞
rabbitさん、いつもブログ拝見しています。
今回は初コメントさせていただきます。
やはり、今年は新形式が話題をかっさらいましたが、

わたしは「ひまわりの約束」、「Fire学習会」、「MTTK」、「kratter学習会」、「Skype模試」などの、TOEIC学習会が流行っていたのではないかと思います。
わたしもいくつかの学習会には参加させていただきました。

来年も学習会が続いてほしいとの意味もこめまして、ここらへんがあるといいなと思います^^ どれか1つには選べませんでした><
2016-12-19 月 22:24:45 | URL | 通りすがりのTOEIC好き [編集]
流行語大賞
やはり最初に浮かぶのは

新形式

でした。

そして、もう1語、
今までに体験したことのない

5フォーム

です。旧TOEICから切り替わるときに複数フォームがあったと伺ってますが、私が体験する中では、3フォームがMAXでしたので衝撃的でした!!

※6フォームあった回がありましたらすいません。
m(_ _)m
2016-12-20 火 08:32:31 | URL | まりこ [編集]
Re: 流行語大賞
通りすがりのTOEIC好きさん

> rabbitさん、いつもブログ拝見しています。
> 今回は初コメントさせていただきます。

いつも有難うございます。そして、コメント有難うございます<(_ _)>。

> やはり、今年は新形式が話題をかっさらいましたが、
> わたしは「ひまわりの約束」、「Fire学習会」、「MTTK」、「kratter学習会」、「Skype模試」などの、TOEIC学習会が流行っていたのではないかと思います。

なるほど、新しい学習会が沢山立ち上げられた年だったかもしれませんね。確かに、学習会で賑やかな1年でした。

> わたしもいくつかの学習会には参加させていただきました。

おお、そうでしたか?では、どこかでお会いしていたかもしれませんね。

> 来年も学習会が続いてほしいとの意味もこめまして、ここらへんがあるといいなと思います^^ どれか1つには選べませんでした><

纏めて〝新しいTOEIC学習会〟で宜しいかと思います(^_^)。

ではまた。
2016-12-20 火 13:14:51 | URL | Rabbit [編集]
Re: 流行語大賞
まりこさん

> やはり最初に浮かぶのは新形式でした。

新形式は圧倒的に印象深いようですね。何せ10年振りですから無理もないかもしれません。

> そして、もう1語、今までに体験したことのない5フォームです。旧TOEICから切り替わるときに複数フォームがあったと伺ってますが、私が体験する中では、3フォームがMAXでしたので衝撃的でした!!
> ※6フォームあった回がありましたらすいません。
> m(_ _)m

そーでした!5フォームでした!テスト番号もQRコードみたいになってしまったので、受験者達はPart1の写真を照合することで、自分が受けたフォームを特定するという技を編み出したのですよね。

来年も5フォームあるのですかね(^_^;)?
2016-12-20 火 13:18:51 | URL | Rabbit [編集]
いちばんはやっぱり新形式!
Rabbitさん、こんばんは!
もう今年も流行語大賞の時期なのですね!
去年塩パンが特別賞をいただいたのがつい昨日のことのようなのに…。

今年は何と言ってもTOEICが改変された、記念の年でしたね!
やっぱりいちばんは“新形式”だと思います!

そしてMIC!毎回これには悩まされております…。

個人的にはフォーム判別のキモとなったパート1にこれほど注目が集まったのも新形式ならではかな、と思います。

あとはやっぱり初めて参加した“変革の合宿”でしょうか。
パート7だけ5模試は大変でしたが、楽しかったし、またやりたいです!

以上、今年もTOEICと楽しく過ごせた1年で印象に残った言葉でした。
2016-12-20 火 21:52:31 | URL | りすこ [編集]
rabbitさん、流行語大賞選定お疲れ様です!私からは二つです。

拙学習会がノミネートされており、恐縮です。共同開催者の「cobo塾」も、〝新しいTOEIC学習会〟に包含としてくださいm(__)m


もう一つ、『サラリーマン居酒屋放浪記』が抜けてますよ^^
2016-12-21 水 17:38:50 | URL | kratter [編集]
Re: いちばんはやっぱり新形式!
りすこさん

やっぱり新形式ですかね?

MICは最初のうち盛り上がったのですが、いつの間にか消えましたよね(笑)。

変革の冬合宿は楽しかったですね。いつかまたやりましょう!
2016-12-22 木 17:58:39 | URL | Rabbit [編集]
Re: タイトルなし
kratterさん

> 拙学習会がノミネートされており、恐縮です。共同開催者の「cobo塾」も、〝新しいTOEIC学習会〟に包含としてくださいm(__)m

了解しました。cobo塾ですね。沢山の学習会が誕生した年でしたね。

> もう一つ、『サラリーマン居酒屋放浪記』が抜けてますよ^^

それはTOEIC流行語ではないので除外しています(笑)。
2016-12-22 木 18:00:38 | URL | Rabbit [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://rabbittoeic.blog.fc2.com/tb.php/1624-ccb0f5ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PAGE UP