■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 申込済
224以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

復習方法を学ぶセミナー後記
先週土曜日に、とあるTOEIC模試を使って、英文の読み方、問題の解き方、復習方法などを皆で学ぶセミナーを開催しました。貴重な休日にもかかわらず、30名以上の方にご参加いただき、盛況のうちに無事終了することができましたこと、この場を借りて改めて御礼申し上げます。

お仕事の都合などで参加できなかった方もいらっしゃいますので、どんなことを学んだのか、少しだけ、ご紹介させていただくというのが、本稿の趣旨です。特に目新しいことはないかもしれませんが、今後のご自身の学習のご参考にしていただければ幸いです。

解いた問題はごく僅かです。Part5を5問、Part6を1セット4問、Part7のシングルパッセージを2セット5問、合計で、たったの14問です。これを4時間かけて、参加者全員で取り組みました。数を少なく抑えて、その代わり、じっくり深掘りするという意図がありました。

そして、少ないだけではありません。解いた問題集は、TOEIC学習者なら誰しも所有しているような極めてポピュラーなものですから、9割以上の参加者が〝初見〟ではありませんでした。人によっては何度も何度も復習している筈の問題です。

あえて、その問題を使ったのは理由があります。僕はひとつの質問を投げ掛けたかったのです。あなたは、その問題集を解いたと仰っていますが、その問題集を何度も復習したと仰っていますが、本当にすべて理解したと言えますか?自信を持って完璧だと言えますか?もう、そのテキストから学ぶべき点はありませんか?

そのように、お訊ねしたかったのです。

先ずは、時間をたっぷり目にとって解いていただき、その後、4つのグループに分かれてもらい、問題の正解根拠だけでなく、正解に絡まない部分でも気づいた箇所があれば話し合ってくださいと、お願いしました。

進行役には実力者を2人ずつ据え、意見を引き出していただきました。流石は高スコア保持者ですね。素晴らしいファシリテーター役を演じてくださいました。結果、一人では気づかない様々なポイントを纏めてくださいました。それが狙いでしたから、上手くいったことになります。

その後、僕が補足する形で一旦、総括し、かつ、ご質問にお答えするという流れを作りました。問題集の解説には決して書かれて数々のポイントが浮き彫りになったのではないでしょうか?たった14問の中に、こんなに沢山の学びのポイントが隠れていたのかと驚いたのではないでしょうか?

そうです。学びのポイントに気づくということが、復習の最大のポイントなのです。これが、僕が言うところの〝目の付け所〟というやつです。初中級者は、積極的に発言する機会はなくても、上級者に混ざって一緒にディスカッションをすることで、ポイントに気づくのです。そこに居るだけで経験値は上がっていきます。難しい問題の答えを覚えることだけが復習ではないとお気づきになった筈です。

TOEICは様々な問題を解くテストではありますが、その基本にあるのは〝英文の理解〟です。細部に亘るまで英文をきちんと読み込めているか、ということが問われるのです。言い換えれば、話者の意図、書き手の意図を汲み取れているか、ということが問われるわけです。今回のセミナーでは、そこにトコトン拘りました。これを疎かにしていると、順調にスコアアップしているようでも、近い将来、必ず、見えない壁に行く手を遮られることになるからです。

参加いただいた方に、少しでも、今後の学習方法の確立にお役立てていただけたなら、本セミナーの主たる目的は達成されたことになります。半日程度の短い時間で出来ることは限られていますので、どれ程、お役に立てたか分かりませんが、またいつか、続編をできたらと思っています。

また、本セミナーでは、学習方法だけでなく、事前に準備しておくべきツールについても触れさせていただきました。

文法書は2冊、1冊は辞書的に調べるもの、もう1冊は演習用のものです。推奨できる書籍も実名をあげておきました。英和、英英、類義語、語法の辞書についても同様です。また、ネット検索についても具体的なサイト、そのサイトの活用の仕方など、限られた時間ではありましたが、ご紹介させていただきました。その狙いは、初中級者が一人で、独学でも、ストレスなく復習できる、という体制を築く手助けをすることでした。

ブログという文字だけの媒体で、セミナーの内容を細部まで再現することは難しく、その一部しかご紹介することはできませんが、少しでもセミナーの雰囲気を感じていただき、もし、近い将来、同趣旨の学習会を開催する機会があった場合に、参加するかどうかの判断基準にしていただければ幸いに存じます。

4月の公開テストが近づいてまいりました!一緒に頑張って参りましょう!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト


学習会 | 17:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://rabbittoeic.blog.fc2.com/tb.php/1735-3c201b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PAGE UP

FC2Ad