fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

カール売り切れ続出に思う
明治のカールが東日本での販売から撤退すると聞いて、多くの消費者がカールを買い漁っているようです。無いものネダリのこの風潮は個人的には好きじゃありません。

売り上げが芳しくないから販売中止の決断に追い込まれたわけです。つまり、アナタが買わなかったから撤退するのです。今まで長いこと買わなかったんだから、その存在すら忘れてたんだから、そのまま忘れていればいーじゃん。

今更、焦って買わなくても・・・。

僕が頭に来ているのは、とある居酒屋の閉店に立ち会った記憶が蘇ってきたからです。その体験とカール事件?が頭の中で重なるのです。カールの一部販売中止も飲食店の閉店も、消費者の行動の結果としては同じです。

もうだいぶ前の話ですが、その居酒屋の店主から、突然、閉店の意向を聞かされました。前もって僕にだけ、そっと教えてくれたのです。

来月末で店、閉めることにしたよ。

え?来月?どうしてですか?誰か、ご家族の病気とか?

そう僕は聞き返したものの、経営難だということは知っていました。だから、なるべくその店には行くようにしていたし、友人の紹介もしていました。大好きな場所だけど、そんなに流行っている店じゃなかったから、行かないと潰れちゃうって感じていたからです。

結局、借金を作るようになる前に店を畳むっていう判断をされたわけです。今になって考えれば、まあ、賢明なご判断だったのだろうと思います。当時は寂しかったけど。

この話は続きます。閉店間際の1週間、流れたボトルなんかを利用して飲み放題セールをやったのです。そしたら、そしたらですね、今まで何処に隠れていたのか分からない昔のお客さん達がドッと押し寄せてきたんです。

そして、とっても安い料金での飲み食いを享受しながら、口々にこう言った。

なんで止めちゃうのお~。この店がなくなったら寂しいよお~。なんでえ~?

それを聞いていて、僕は内心、コノヤロー!と思ったけど、お世話になった店に有終の美を飾らせてあげたいと思っていたから、グッと堪えて、無用なトラブルを避けた。

すると、それまで淡々と仕事をしていたマスターが言い放った。

お前が来ねーからだよ!

一瞬、時間が止まった。

あとはご想像にお任せします。

カールおじさんが鍬を担いで泣いてるぞ。本当に大切だと思っているなら、日頃から買えばいいじゃないですか?店だって、日頃から通えばいいじゃないですか?

消えて亡くなると思ったら、急に惜しくなる。人付き合いもそうなんじゃないかな。今、当たり前に目の前にいる、あの人が居なくなると決まったら、急に愛おしくなるものです。

自分にとって本当に大事なものは何なのか?日々そう自問自答しながら生きていきたいと思う今日この頃です。たかがカール、されどカールなのだ。いつの時代も、物事の本質は変わらない。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト





未分類 | 13:28:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://rabbittoeic.blog.fc2.com/tb.php/1815-fb577547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PAGE UP