FC2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得
2017年8月のIPで990点取得
2017年9月のIPで990点取得
2017年10月のIPで990点取得
2017年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 485 475 960
224 2017.10 480 465 945
225 2017.11 475 480 955
226 2017.12 485 470 955
227 2018.01 495 460 955
228 2018.03 480 475 955
229 2018.04 465 480 945
230 2018.05 475 450 925
231 2018.06 495 490 985
232 2018.07 465 485 950
233 2018.09 475 475 950
234 2018.10 495 495 990
235 2018.11 受験済
236 2018.12 申込済
237 2019.01 申込済
238以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

なぜTOEIC勉強会は難しいのか?
なぜ、TOEIC勉強会の運営は難しいのでしょうか?これは実際に運営したことがある人しか分からないと思いますが、実は、TOEICコミュニティの独特の文化が難しくさせているのです。

かつては、あちこちで開催されていた勉強会も、今は数えるほどしかなくなりましたし、あっても小規模です。大規模な勉強会を定期的に実施することの難しさの表れでしょう。

TOEICコミュニティの勉強会に対する独特の文化とは何か?世の中で行われている、他の一般的な勉強会と何が違うのでしょう?ちょっと、考えてみれば誰にでも分かることです。

例えば、貴方が、仕事のスキルを磨くために、自費で、“対人折衝能力アップセミナー”とか、“人材育成担当者養成塾”などに参加するとしましょう。この類のセミナーの開催に至るまでには沢山の人が関わります。例えば、以下のような役割分担が発生するわけです。

・大まかな企画を考える人
・企画を具体的な内容に作り込む人
・募集案内を作る人
・募集案内を発信し、参加者を募る人
・値決めをする人
・応募者の管理をする人(参加者に確認メールを送ったり、キャンセル待ちの管理をしたりします)
・会場の確保をする人(使用料などの交渉を含む)
・勉強会のコンテンツを作る人
・作ったコンテンツを参加者の人数分印刷する人
・当日の受付と集金役を担う人
・当日の緊急連絡を受け付ける人
・当日のファシリテーター役を担う人
・当日のメイン講師となる人
・終了後の忘れ物確認をする人
・懇親会の幹事役を担う人(店の予約、下見、値段交渉、参加者の道案内、集金、運営など)
・勉強会の時間内にお答えできなかった質問に、後日、答える人。

TOEICコミュニティは独特で、これらの分担作業を、勉強会の発案者が、ほぼ1人でやりきります。これは、世間一般では、どう考えても異常な文化と言えましょう。

最も大変なのは、運営者が、講師役も、進行役も、更に事務方も一手に担うということです。これは、一般的な勉強会ではあり得ません。本当に稀有な現象なのですよ。

だから、もし、あなたが何らかのTOEIC勉強会に参加されたなら、たとえ頼まれなくても、自ら進んで主催者を手伝ってあげてください。受付を引き受ける。ハンドアウトを配る。机と椅子を並べ替える。慣れてなさそうな参加者に声をかけてあげる。帰り際に忘れ物がないか確認する。

なんだっていいんです。貴方のその優しさ、気遣いが、勉強会を長く存続させるモチベーションに直結するのです。決して大袈裟ではありません。本当ですよ。

逆に、そういう心遣いに接する機会が全くないと、いつしか、主催者の心はポッキリと折れて、止めちゃうんですね。こんな大変で、割に合わねー勉強会なんて、やってらんねー!ってことになるんですよ。そういう人、沢山見てきました。

僕のようなベテランの主催者は、ほうっておいて構いません。慣れてるから適当にやります。オッサンは伊達に長く生きてませんしね。

そうじゃない、不慣れな人が一生懸命頑張っている勉強会は、是非、是非、躊躇うことなく、手伝ってあげてください。

このコミュニティから勉強会がなくなってもいいのですか?

今、参加している勉強会がなくなっても、きっとまた、別の誰かが主催してくれるだろうと、思ってませんか?

甘いですよ、その考えは。仮にあったとしても、貴方がそこに入れてもらえるかどうか、分かりませんよ。会員制の勉強会に移行した団体もあるんです。

貴方がTOEIC仲間と知り合えたきっかけは、誰かが開催してくれたTOEIC勉強会ではなかったのですか?

僅か1,000円程度で参加できる有益な勉強会が、世の中に、いくらでも溢れていると思いますか?

参加費は、主催者も含めた形で、全員で頭割りしていることをご存知ですか?主催者が自らも参加費を払うという文化は、僕の知る限りTOEICコミュニティだけです。

TOEICコミュニティが誇る、TOEIC勉強会という大きな無形財産を皆で守っていきましょうよ。大事なものをなくしてから、その大切さに気づくのは愚か者のすることです。

TOEIC勉強会を守る会の会長、Rabbitでした。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト


未分類 | 12:27:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad