fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Article問題究極の裏技
8月は結局、夏期休暇が取得できないことが確定し、若干バテ気味のRabbitです。ここ数日は少し涼しいので何とか踏みとどまっておりますが、また暑くなるといけないと思い、髪の毛をバッサリ切ったら完全に「おサルさん」になってしまいました(´・_・`)。ア~イアイ、ア~イアイ、おさあるさあんだよお~!

まあ、そんなしょうもないことはどうでもいいのですが、今日はPART7のお話です。模試を解いていて思うのは、やはりArticle問題とInstruction問題が苦手だなあということです。

特に、176番~180番、シングルパッセージ最後の難関、Article問題を苦手としている人は多いのではないでしょうか?このタイミングで出てくるArticleは例外なく長い。左側のページにビッシリ活字が並んでいると「うええ~」となってしまいますよね。早くダブルパッセージに行きたいのにぃ・・・。

通常は、タイトルを読んでから、176番~178番の設問だけ読み、本文に戻っていって適当なところまで読み、3問解答してから再び179番と180番の設問を読み、再び本文に戻っていくのですが、何か半分くらい読んでいるうちに本文の前半の内容を忘れてしまうことってありませんか?覚えてられない。固有名詞が遠慮なく山ほど出てくると尚更ですw。

そこで、最近、少し違った方法を試してみたら、これが結構上手くいきます。あくまでも初見の模試を使った実験段階なので、参考程度に聞いていただきたいのですが、こんな方法です。

1.先ずタイトルを読みます(内容をある程度予測)。
2.次に第1パラグラフだけ読みます。第1パラグラフが長い時は適当に切り上げます。
3.そして、ここで176~180番の設問だけ全てザット見て、何が問われているか頭に入れます。無理に全部覚えようとする必要はありません。
4.さてここからです。途中のパラグラフはすっ飛ばし(つまり読まない、無視)、最後のパラグラフを読んでしまいます。

何でそうするかっていうと、最後のパラグラフは大抵重要なことが書いてあるんですね。主に、文章全体の結論か、これから近いうちに必ず起きることです。

そうです。最初のパラグラフと最後のパラグラフだけ読んじゃえば、大体の内容は把握できるのです。究極の手抜き読み(笑)。途中のパラグラフも結局は全部読むのですが、何だか、最後のパラグラフを先に読んでしまってあらかじめ一定の結論を得ておくと、途中のパラグラフも余裕を持って読めて、かつ、何故か短く感じるのですね。そして、

5.最後に途中のパラグラフを、最初の問題提起の内容と最後の結論(おそらくですが)の内容を意識しつつ読んでいくわけです。そして、5問全ての解答終了!

信じられないかもしれませんが、これが結構上手くいくのですね。記憶が途切れない。それと、これも重要なんですが、最初のパラグラフだけ読んだ状態で176番(1問目です)を解答すると間違えてしまうケースが結構あるんですよ。

ご存知の通り、176番は記事全体の内容、書き手が本当に伝えたいことは何かが問われることが多いわけなんですが、選択肢が微妙だと誤答に誘われる危険があるのです。2択まではすんなり絞れるんですが、そっからやられる。最初のパラグラフだけ読んで一旦解答しちゃうと、もう間違いに気づきにくくなるんです。合ってると思い込んじゃう。

最後のパラグラフを、熟読しないまでもザット読んでおくと、間違いに誘われることのないようセンサーが働くのですね。ん?ちょっと待てよ、何かヘンだぞって(笑)。決して正攻法ではありませんが、結構面白い方法です。慣れてくると、最初と最後を読むだけで、途中で何が書かれているか読まなくても予測できることだってあります。たぶん、こんな展開になるに違いない、ほうらやっぱりって(笑)。

まあ、人によるとは思いますが、一度、お試しあれ。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト





未分類 | 18:36:00 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
Rabbitさん、お世話になっております。

なるほど、なるほど、私の様に速読力がない人間に取っては目から鱗の記事ですね。週末にでも、第一パラ⇒最終パラ戦略を体感してみようと思います。濱崎潤之輔氏の「新TOEICテスト990点攻略」を繰り返し、繰り返し頑張っています。TOEICを継続的に受験している方々(トーイッカーという言葉には少し抵抗を感じる)の特徴を書かれてましたが、仕事やスポーツなどにも秀でた方々が多いというのは頷けます。基礎の反復
、集中力、継続力、体力、etc みなさん自己に厳しいということですね。
努力を継続出来ること自体が能力であり、才能だと思います。
2013-08-27 火 06:58:42 | URL | Feed [編集]
Rabbitさん、

いつもブログ更新ありがとうございます。
私は、逆にArticle問題が一番好きなのです。英文がびっしり書かれた文章を見るとワクワクして興奮(?)してしまいます(笑)

苦手なのが、INVOICEやChartが散りばめられた問題。どこを見たらいいか
わからず目が行ったり来たりして時間だけが過ぎて行きます。
文章が短いので、わからない単語が出てきても推測しづらく行き詰ってしまいます。要するに私はbusiness manではないので常識が足らずイメージしづらいのではないかと思います。

リスニングではイギリス英語が苦手です。アメリカ英語はかなり速くても大丈夫なのですが、イギリス英語は別の言語の様に聞こえてしまいます。

9月TOEICまであと1ヶ月となってしまいましたが、できるだけ問題を多く解いて
KIYOさんもおっしゃっていたように「自分が一度決めた目標」は諦めずに頑張って取れるまでやります!

では、また(^.^)
2013-08-27 火 09:27:07 | URL | カメ吉 [編集]
Re: タイトルなし
Feedさん

何事も試してみることが大事だと思っております。僕の場合、試し過ぎかもしれませんが(汗)・・・。

HUMMERさんの「新TOEICテスト990点攻略」に取り組まれているのですね。きっと良い結果が出ますよ。

> 努力を継続出来ること自体が能力であり、才能だと思います。

それこそがHUMMERさんがご自身で体感している教えですよね。
2013-08-28 水 09:50:15 | URL | Rabbit [編集]
Re: タイトルなし
カメ吉さん

> 英文がびっしり書かれた文章を見るとワクワクして興奮(?)してしまいます(笑)

う~ん、完璧にヘンタイ、いや、英語中毒の域に達していますね。僕もそれに近づけるよう頑張ります!

> 9月TOEICまであと1ヶ月となってしまいましたが、できるだけ問題を多く解いてKIYOさんもおっしゃっていたように「自分が一度決めた目標」は諦めずに頑張って取れるまでやります!

そうですね。やるべきことをやり切ってテストに臨みたいですよね。僕も公式実践10セットを頑張ります!
2013-08-28 水 09:53:41 | URL | Rabbit [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する