fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

燃えよフラリーマン!
僕が社会人となった30年以上前の世の中と比べると、現在の残業時間は相当少なくなっています。まあ、これも手取り額が減るなど、良し悪しなわけですけど、少なくとも明確に言えることは、自由な時間が増えたということではないでしょうか?

問題は、その余った時間をどう使うかであります。雇用形態も変化してきていて、男女共働きが当たり前の時代になりましたから、男性も帰宅後に家事や育児を分担するという傾向が主流なのかもしれません。夫婦2人で稼ぎ、2人で家事と育児を分担するというのは至極当然の流れだと思います。

しかし、現実には必ずしもそうなっていないようです。

定時退社をしたサラリーマンが真っすぐ帰宅せずに、書店や家電販売店、カフェなどに立ち寄って時間を潰しているというから驚きです。一体、何をやっているのでしょうか? こういう人達をフラリーマンと呼ぶらしい。何じゃ、そりゃあ???

そう言えば、中華の日高屋さんとか、牛丼の吉野家さんとかにもフラリーマンは出没するらしい。いわゆる〝ちょい飲み〟というやつですね。実際には、そんなヤツいねーだろうと思って、僕は昨日、日高屋に17時過ぎに行ってみました。

で、どうだったかって???

いやあ、ぶったまげました・・・。いるわ、いるわ、あっちにもこっちにも。帰っても帰っても次から次へと生気のない顔をした若いサラリーマンが一人で店内に入ってくる。

彼等はメニューなんか見ない。「生ビールと餃子とから揚げ」みたいに決まったモノを注文していく。座る席も決まっているみたいで、すべての所作が出来上がっている。つまり、それだけ頻繁に来ているということです。

だけどね、皆、楽しそうじゃないんだよね。うつむき加減でハッピーアワーの安いビールを啜ってるけど、どことなく、やるせなさとか、気だるさが表情に出ている。早い時間から飲める、明るい時間から飲めるなんて、最高の贅沢なんだから、もっと楽しめばいいのに、どうやらそうじゃないらしい。

現在の暮らしが不満なのか、将来に対する不安がそうさせるのか、自分自身が情けないのか、分かりませんが、その足取りは重く、眼もうつろだ。

コラッ! 元気出せよ、フラリーマン! 誰だって不安はあるけど、男なら下を向くなよ。顔を上げろよ。真っすぐ帰る気分にならないなら少しくらい飲んでもいいけど、もっと楽しそうに飲んでくれよ。そして、人心地ついたら帰ってさ、家のドアを開けて、家族に向って元気に大きな声で「ただいま!」って言えよ。辛く苦しい時代だからこそ、カラ元気でもいいから出していかなくちゃね。

燃えよドラゴン

燃えよフラリーマン! ブルースリーみたいにアチャーとか言いながら敵と戦わなくてもいいけど、俺達サラリーマンは、相変らず大人社会の主役なんだからさ。だからっ、燃えよフラリーマン! とっとと復活しろ、輝きを取り戻せ! 日高屋とか吉野家なんかでショボく飲んでねーで、飲むんなら思いっきり飲めよ、楽しく飲めよ。

俺達は長らくこの世界を、体を張って支えてきた主役なんだぜ。こんなところで、くたばってたまるか!

そう思わないかい?

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト





未分類 | 17:42:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://rabbittoeic.blog.fc2.com/tb.php/2608-1807076f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PAGE UP