fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

英語文書の作成術
僕は英語の文書を書くのは好きではありませんが、仕事となれば話は別で、ちゃんとやります。そんな中で、稚拙な文章にならないように意識していることが幾つかあります。

一つ目は数です。可算名詞と不可算名詞の使い分け、それに対応する動詞の三単現のSなど、先ずは文法的なエラーがないかどうかももチェックします。

二つ目は時制です。特に気を使うのは、過去形と現在完了形の違いです。使い間違えると、全く意味が変わってしまうので、何度も読み返して不自然さがないかチェックします。未来表現も要注意です。

三つ目は主語の置き方です。基本は、あまり揃えすぎない。 I とか We とか Our company なんかを連発すると、一気に稚拙な文章に格下げされてしまいます。英語力どころか、頭のレベルまで疑われますので要注意です。

では、どうするか? それはTOEICのL&Rで死ぬほど学んでるでしょ? 受動態と無生物主語を駆使するんであります。同じ表現を繰り返さないのがポイントですよ。

文体だけでは無く、単語についても同様に、パラフレーズを使いましょう。Part7が大好きなあなたにとっては容易いことですよね。今、自分が作成した日本語の文書を必死に英訳しております!

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト





未分類 | 17:05:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する