FC2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』

2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得
2017年8月のIPで990点取得
2017年9月のIPで990点取得
2017年10月のIPで990点取得
2017年11月のIPで990点取得
2018年10月の公開で990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 485 475 960
224 2017.10 480 465 945
225 2017.11 475 480 955
226 2017.12 485 470 955
227 2018.01 495 460 955
228 2018.03 480 475 955
229 2018.04 465 480 945
230 2018.05 475 450 925
231 2018.06 495 490 985
232 2018.07 465 485 950
233 2018.09 475 475 950
234 2018.10 495 495 990
235 2018.11 480 450 930
236 2018.12 495 480 975
237 2019.01 480 485 965
238 2019.03 490 480 970
239 2019.04 495 470 965
240 2019.05 495 480 975
241 2019.06 495 480 975
242 2019.07 495 485 980
243 2019.09 460 480 940
244 2019.10 470 470 940
245 2019.11 495 485 980
246 2019.12 475 495 970
247 2020.01 申込済
248 2020.03 申込済
249回以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ALL IN ONE 20日間プロジェクト~Chapter9
Chapter9では、分詞構文を学びます。分詞構文は不得手としている学習者が多いようですが、幾つかのルールに慣れてしまえば決して難しくありません。むしろ使い勝手が良い表現方法で、僕は、英文作成の際に頻繁に使っています。

ALL IN ONE

本書では先ず、分詞構文が使われる位置、場所に着目します。つまり、分詞構文が文頭で使われるのか、主語の直後、すなわち文中で使われるのか、文末で使われるのか、という点です。分詞構文が文頭、文中で使われている場合、述語動詞と同時に行われているか、直前に行われているとし、文末の場合、直後に起こった出来事を表していると説明しています。

例文164から173がその事例となっていて、現在分詞が使われる能動的分詞構文と過去分詞が使われる受動的分詞構文に分けて説明がなされています。先ずはこの11個の例文をきちんと読み込んで理解する必要があります。これが基本ですから。例文174と175はその延長線上にあるもので、現在分詞と過去分詞の使い分けについて補足していますね。

例文176と177は独立分詞構文であり、これらは慣用表現として例外的な位置づけであるとしています。例文176の「Grammar & Usage」のところに代表的な事例が記載されていますので、この際、纏めて覚えてしまいましょう。

例文178と179は完了形の事例です。完了形とした場合と、完了形ではない通常の分詞構文とした場合では、描写する状況や内容が明らかに異なるケースがありますので、きちんと学びたいポイントです。次の例文180も完了形になっていますが、こちらは否定語を置く位置について触れています。Not や Never などの否定語は前に持ってくるというルールですね。

例文181から183は、形容詞が分詞の代用をする分詞構文です。著者が言われるように、これは形容詞の前に Being があって、それが省略された形と考えるのもよいでしょう。要は、自分にとって分かりやすい方法で理解し、整理すればよいということです。

例文184から186は分詞構文の意味上の主語についてフォーカスしています。分詞構文を使う場合、意味上の主語を置かなければ、分詞を含む部分の意味上の主語は述語動詞の主語と一致していることになります。なので、述語動詞の主体と分詞の主体が異なる場合には、慣用表現などの一部例外はありますが、原則として分詞の主語を明示するために意味上の主語をおくのです。

分詞構文の特徴は、英文を短く引き締めて、メリハリのあるリズム感を作り出すことにあります。接続詞が度々現れる長ったらしい冗長な文章より、分詞構文を使ったパンチの効いた文章のほうが僕は好きです。

さて、明日は名詞節ですね。これも守備範囲がかなり広いですよ。その前に今日の分詞構文の例文を10回音読しておきましょう。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト





未分類 | 23:46:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する