fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

公開テストのルーティンを思い出す
みんなで模擬試験の前日、公式問題集を使って公開テストのルーティンを思い出すようにします。何と言っても半年近いブランクがあるわけで、2007年からずっと休まずに受験してきた僕にとっては、100年くらいのブランクに感じるわけです。

公式6

着席したら机上に受験票と免許証を机上に置き、1.3mmのぺんてるのマークシート用シャーペン2本とスタッドラーの0.9mmのシャーペンを1本、モノのプラスチック消しゴムを2個、やはり机上に置き、腕時計を外してこれも机上に置きます。受験票は1月に受験した時のハンペラを使うことにします。

心静かに、各パートの取り組み方を頭の中で復唱します。リスニングのディレクションの時には、Part3とPart4の5つのグラフィックに目を通して理解します。さらに、意図問題の設問と選択肢をすべて読みます。僕はPart1の写真は事前に見ることはしません。却って気が散るからです。

リスニングの100番を塗り終えても、リーディング開始の合図があるまでリーディングセクションのページは開きません。厳密に言えば禁止行為だからです。

リーディングセクションが開始したら、すぐに問題を解き始めるのではなく、101番から200番までざっと見ます。Part5&6は選択肢に難解な語彙はないか、Part7では文字数がどの程度か、どのタイプの問題文が多いのか、つまりメールとかアーティクルとか、そしてNOT問題、ほのめかし系問題はどのくらいあるのか、などを見ています。

これらの確認作業に大抵2分くらいかけています。この確認作業の結果、各パートに何分かけるのか、見積もるわけです。例えば、今日はPart7が手強そうだな・・・。では、Part5に6分、Part6に7分で、Part7にまるまる1時間を残そう。でも、たぶん5~8分くらい余るから、その時間を見直しタイムとしよう、という具合ですね。

半年も間が空いたら、それまで脳みそが勝手にやってくれていたことが、意識しないとできなくなっている可能性があります。それに気づくことが大事。何ができて、何ができなくなっているか、確認することが大切なのであります。全部できていたら、それはそれでよし!とにかくやってみましょう!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト





未分類 | 12:37:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する