fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

写経~英文の書き写し②
昨日、写経~英文の書き写しについて記事を書きましたら、思いもかけず反響が多くて、10件以上も問い合わせをいただき、驚きました。それで続編を書くことにしました(笑)。皆さん、写経に興味があるようですね。ご質問で一番多かったのが、写経のやり方です。

やり方といっても、心を無にして書き写すだけだから方法も何もないのですが、僕がどういう素材をどうやってどんな手順で書き写しているか、書き写した後、何をしているか、を公開します。画像付きで公開するのはおそらく初めてじゃないかな?

写経2

今回の素材は公式問題集のVol.4です。あのピンク色の本ですね。何でも構いません、素材は。ただし、初心者は和訳と単語の語注がついているテキストがお勧めです。

そして、ここからが大事なんですけど、既に学習したことがある素材が最適です。つまり、初見のものは使わない。学習したことがある素材の中で、今まで見落としていた点に気づくということが写経の効能のひとつだからです。

英文を読んで、分からないことがない状態(少なくとも自分がそう思っている)の文書が最適なのです。いかに適当に読んでいたか分かりますから。いかに何も気づいていなかったか分かりますから。だから、やろうと思えば和訳もできるし、語注がなくても単語の意味も全部分かる、少なくとも自分がそう思っている素材が望ましいのです。

以下の画像は、写経後に僕が何となく気づいた点を赤ペンで書き込んだものです。1段落目だけ、僕の心の中のつぶやきをお見せします。こんな短い英文にも沢山の学びのポイントがあることが分かるでしょう?

《どうしても縦にならない!》
写経3

We have finally completed work on the new mobile app that allow your customers to shop for vehicles and make service appointments using any type of wireless device.

①have finally completed と現在完了形が使われている。完成した効果が現在にも及んでいる感覚なんだろうなあ。副詞が入る位置も確認しておこう。

②workに冠詞がない。作品の意味では可算名詞だけど、ここでの仕事の意味では不可算名詞扱いなんだな。後ろの前置詞もofじゃなくてonが相応しいのね。なるほど。

③the new mobile appのtheが、aじゃないのは、既にDerrickとAlexanderの間では特定できるアプリだからだな。沢山あるうちのどれか一つじゃなくって、このアプリ!なんだね。後ろのthatはappを説明する主格の関係代名詞だ。確か、2段落目にも出てきたな。

④allowの語法も確認しておこう。allow 人 to doだったね。あ、3段落目にもencourage人 to doが出てきたな。纏めて覚えておこう。同じ語法だしね。

⑤shopは名詞ではなく、ここでは買い物をするという意味の自動詞だな。後ろの前置詞のforは、何かを探していたり、求めていたりする時に使うforだ。便利だから使えるようにしておこう。

⑥appointmentと相性がいい動詞はやっぱりmakeだ。make service appointmentsね。2段落目にもhave made significant progressって出てきたよな。お、appointmentは可算名詞、progressは不可算名詞扱いかあ。ここは後で英英辞典を使って調べておこうっと。

⑦usingは付帯状況を表す分詞。いかにもネイティブが好んで使いそうなカッコいい表現だから、使い方をマスターしておこう。

こんな感じで頭の中でブツブツと呟いています。それで仕上げに5回くらい脳内音読を繰り返すと、大抵、書けるようになります。勿論、最初はできません。しかし、レベルが上がってくると、自然に吸収できるようになるものなのです。

この写経という取組は手軽さがいいのです。なので、決してノルマ化してはなりません。気が向いたときに、気が向いた時間だけ、ゆっくりダラダラと取り組むのが宜しいでしょう。Part7の文書を1つ書こうと思って書き始めたけど、疲れたなら止めればいい。そして、またいつか気が向いたら再開すればいい。

書き写し作業は、手元の学習した痕跡が残りますから、やった気になれるというメリットもありますね。いつの間にか大学ノートまるまる1冊使っちゃったなんていう人もいます。まあ、やってみてください。そして、かったるくなったら、一旦、止めてください。大丈夫。それで地球が終わるわけじゃないから。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト





未分類 | 11:46:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する