fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2021年プロ野球セリーグ順位予想
2021年プロ野球のセリーグの順位を勝手に予想します。ちなみにワタシは生粋の巨人ファンです。

1位 巨人
2位 阪神
3位 中日
4位 広島
5位 DeNA
6位 ヤクルト

1位 巨人
菅野が戻ってきたのが大きい。怪我さえなければ、成長著しい戸郷と共に2人で25勝から30勝はするだろう。その他、先発候補多数。リリーフ陣も中川を筆頭に充実。デラロサ、ビエイラ、大竹、鍵谷、高梨、高木など。打線はサカマルオカに梶谷が加わり、かつ若手の競争激化によりチーム力は確実に底上げされている。原監督のタクトにも期待したい。

2位 阪神
クローザーのスアレスの残留が大きい。リリーフ陣は今年も盤石。スターターについては藤波の覚醒がカギを握る。近代の佐藤の加入で攻撃陣も厚みが出た。その佐藤が新人王、近本が最多安打&盗塁王、大山が昨年同様、本塁打王争いをするようなら優勝の可能性もある。個人的には、佐藤サード、大山ファーストを押したい。

3位 中日
沢村賞の大野雄大に限る。攻撃陣が弱いため3位としたが、リリーフ陣は良いので、大野が最多勝を獲るくらい活躍すると優勝もあり得る。大島と高橋がチーム内最多安打を争うくらい打ちまくり、ビシエドと平田が復活すれば、ロースコア展開での勝ち方を知ってるチームだけに恐い存在だ。そもそも広いナゴヤドームを本拠地としているドラゴンズは打ちまくって勝つチームカラーではない。

4位 広島
丸が抜け、田中と菊池に衰えが見え始めた打線に迫力不足は否めない。外国人は期待できないし、鈴木誠也さ抑えればビッグイニングは作れない。しかし、そこは守り勝つ野球ができるカープ。実績のある大瀬良、野村、久里、昨年新人王の森下と頭数が揃った先発陣に、ドラ1の栗林のクローザーがはまるとAクラス入りも十分あり得る。

5位 DeNA
本来であれば優勝候補の筆頭にあげたいチーム。昨年は筒香が抜けた穴を佐野が見事に埋めたが、コロナ禍で、頼みのソトとオースティがいきなり欠場するのはあまりにも大きな痛手だ。リードオフマン梶谷の移籍も大きく、佐野、宮脇、神里あたりでカバーし切れるものではない。元々、機動力を使えないチームカラーもあり、得点力はガタ落ちになるだろう。今永の不在も大きく、他の投手陣が踏ん張っても限界がある。

6位 ヤクルト
山田がトリプルスリー復活、青木が首位打者、村上がホームラン王を獲ったとしても優勝は難しい。何と言っても、先発ピッチャーのコマ不足はシャレにならないレベルだ。ライアン小川、40代の石井、巨人から移籍の田口、以上3人しか思い浮かばない。リリーフ陣は良いので残念だが、DeNAと最下位争いをすると予想する。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト





未分類 | 09:44:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する