FC2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

母のワクチン接種予約
実家の母のところに、コロナワクチン接種の予約案内が届きました。高齢で分からないだろうと思い、僕が代わりに封書を開封したのですが、いつから予約を受け付けるのか、いつから接種可能なのか、肝心の情報がどこにも見当たらない。

おかしいなあと思いつつ、書類を隈なく見直していると、接種予約受付システムという表記があって、その横にあるQRコードを発見! それを読み取ると、5月6日から、電話予約とネット予約ができる旨の記載があった。

これってどうなの?

まあ、分かると言えば、分かりますよ。でも、送られてきた紙の書類には、一番重要な情報、つまり、いつから予約できて、いつから接種できるのか、という情報が欠落しているのはどうかなあと思うのであります。

QRコードを読み取ることはできるけれど、それは僕だからできることであって、90歳の母には無理です。そもそもスマートフォンを持っていないし、仮に持っていたとしても、QRコードを読み取るアプリをダウンロードして、必要な情報源にアクセスできるだろうか? Noですよね。

行政って不親切だなと思いました。申し込みが集中しないように意図的にやっているのか、と疑いたくなってしまいます。母は、僕のような肉親が近くにいて、代わりに予約してもらえるわけだからいいとして、一人住まいの高齢者はどうなるのでしょう? 結局、接種できなくなってしまいます。できても、だいぶ遅くなるでしょう。

役所と個々の住民とを繋ぐパイプ役が必要なのかもしれませんね。行政もできる限りのことはしていただいているのでしょうけど、如何せん、高齢者にとっては無理がある制度が多すぎます。これから超高齢化社会を迎える日本の課題が浮き彫りになってきたように思います。

PCとスマホと固定電話を駆使して、ファイザー社のワクチンの1回目の接種予約は何とか完了しました。僕が連れていける土曜日に予約できたのはラッキーでした。でも何だか、心の奥にしこりのようなものが残っています。

これでいいのかなあ?

こんなものなのかなあ?

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト





未分類 | 17:22:48 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
QRコード
こんばんは。
QRコードと言えば、最近はTOEICの受験会場の地図もQRコードだけですよね。あれ、不親切だと思います。僕はスマホを持ってないので、携帯電話(ガラケーではない)でいったん読み込んで、出てきたURLを全部パソコンで手打ちして表示しています。
2021-05-06 木 20:12:43 | URL | AT [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2021-05-06 木 23:54:09 | | [編集]
Re: QRコード
ATさん

おっしゃる通り、不便ですよね。

スマートフォンがないと銀行口座も作れない時代になってしまいましたが、日本国民全員がスマートフォンを持っている前提のルールは何とかして欲しいです。
2021-05-07 金 15:49:17 | URL | Rabbit [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する