fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

小説春秋増刊号
小説春秋の増刊号を入手しました。古本屋などを探しまくってようやく見つけたものです。昭和30年11月の発行だから僕が生まれるずっと前の雑誌ですね。

この本は芥川賞と直木賞にフォーカスしておりまして、サブタイトルが「戦後 芥川賞・直木賞受賞作品集」となっています。以下の14作品が入っています。

喪神 第二十八回芥川賞受賞作
刺青 第二十一回直木賞受賞作
罪な女 第二十七回直木賞受賞作
英語屋さん 第二十五回直木賞受賞作
天皇の帽子 第二十三回直木賞受賞作
確証 第二十一回芥川賞受賞作
悪い仲間 第二十九回芥川賞受賞作
驟雨 第三十一回芥川賞受賞作
イエスの裔 第二十六回直木賞受賞作
月光 第三十一回直木賞受賞作
春の草 第二十五回芥川賞受賞作
海の廃園 第二十二回直木賞受賞作
或る「小倉日記」伝 第二十八回芥川賞受賞作
闘牛 第二十二回芥川賞受賞作

これらの作品がどういう並びなのかは分かりかねますが、いずれ劣らぬ名作揃いでどれも大変に面白い。昭和30年代に時代背景などが浮かび上がってくるのも読んでいて楽しい。

僕が読みたかったのは第二十二回直木賞受賞作の海の廃園です。この作品は、僕が拙著「サラリーマンのごちそう帖」で取り上げている居酒屋さんのご主人のお父様が書かれているのです。なので、どうしても読みたかった。

単行本も文庫本も市場にはなく、正確にはあるのですが4万円以上するのでとても買えません。そこで僕は小説春秋の増刊号に目を付けたわけです。探しまくって500円で手に入れました。他の作品も想像以上に面白いので大事に一話ずつ読んでいます。

しかし60年以上も前の本ですから手に取ると何だか痒い。赤焼けしていてかび臭いので、仕方なく太陽の陽に当てて乾かすことにしました。その後、紙やすりで雑誌の周囲を削り、だいぶ良くなりました。よく考えたら定価120円ですからね。古いのは当たり前です。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト





未分類 | 17:59:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する