■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 申込済
224以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

TOEICテスト900点。それでも英語が話せない人、話せる人
TOEIC本のレビューを書くのは久しぶりです。読み終わって書こうと思っている矢先に、次から次へと新しい本が出てくるから全然間に合わない(笑)。でも、この本のレビューだけは書かないわけにはいかない。だって、僕は自他共に認めるトーイッカーですから(笑)。

TOEICテスト900点。それでも英語が話せない人、話せる人(DL特典付)TOEICテスト900点。それでも英語が話せない人、話せる人(DL特典付)
(2014/02/01)
ヒロ 前田

商品詳細を見る


実は発売されてから比較的早い時期に購入したのですが、読んだのは昨日です。ミャンマーで1時間半近くかけて一気読みしました。いつもはフレンドリーな店の女の子も、何だかいつもと違う、ただならぬ雰囲気の僕に一度も寄りつきませんでした(笑)。怖かったのかなあ・・・。

まだ読者プレゼントの音声を聴いていませんので、厳密には全て読み終わったことにはなりませんが、割と忙しいサラリーマンなので、そこは大目に見てください(汗)。音声を聴いたらまた補足するかもしれません。

さて、能書きはこのくらいにして感想を書きます。若干、本の内容に触れますので、これから楽しみに読もうとしている方は、本稿は読み飛ばしてくださいね。楽しみが半減しても当方は責任を負いかねます(笑)。

この作品は、松ケ根と富澤という2人の主人公が徐々にスコアアップしていく過程を、それぞれ対極にあると思われる具体的な勉強法を織り交ぜながらストーリー展開させ、いつの間にか読者を引き込んでいきます。英語学習者にとって興味深い内容であることに加え、著者のキャラクターメイキングの巧さが光っていますね。登場人物に感情移入しやすい。

痛快なほどスコアアップのみに特化する松ケ根、一方、スコアだけではなく、本物の英語力を養成しようと不器用ながらも真摯に取り組む富澤、そんな2人を常に温かく見守り、彼等の成長度合に応じて適時適切なアドバイスを送り続ける喜多川、男だけの殺風景な舞台を華麗に彩るマドンナ栗原。

ほぼこの4人の登場人物だけで構成される小説ですが、それで十分です。読めば分ります。キャスティングが複雑になり過ぎると、書き手が伝えたいと思っている大事なことがぶれてしまいますから、これでいいのです。推理小説ではありませんから。

物語は、とにかく何が何でもスコアアップの松ケ根と、海外営業部での仕事を夢見て実用的な英語力も身に付けたい富澤の2人が、600点、730点、800点、900点の壁を越えようと、それぞれ違ったアプローチで挑んでいく様子をユーモラスに描いています。目標をドンドン上方修正していく彼らの若さと潔さが実に心地良く心に響く!

そして、2人の全く違ったタイプの学習者の勉強方法を、初受験から900点突破までの各段階で都度、具体的に読者に提示しているのは親切な作り込みだなと思うし、同時にTOEICを知り尽くしていないと絶対に書けないな、と思わずニヤリとしてしまう。詳しくは書きません。ご自身で手にとって読んでみてくださいね。

この本の「言いたいこと」は著者があとがきで簡潔に纏めてくれていますので、本文と併せてここは絶対読まなくちゃいけない。この本のエッセンスが僅か数ページに凝縮されていますから。切り取って持ち歩ってもいいくらいの濃い内容ですよ。核心をついている。

ひと通り読み終えて思うに、TOEICに対する考え方は僕も前田先生と全く同じですね。TOEICで900点を取得してもスピーキングがままならない人もいます。もしかしたら990点満点ホルダーだってそうです。一方、600点程度でも結構話せる人はいます。この辺りの差は、受験者がTOEICというテスト制度をどのように活用しようとしているかによって必然的に出てくるもので、もはやスコアだけでは測定できない領域なのです。

最近はTOEICという試験制度の是非を問う輩が巷に溢れているわけですが、前田先生の言葉をお借りすれば、彼ら批評家は大抵、大雑把です。批評家という名称にすら値しないですね。大してTOEICのことを知らずに、いや、知ろうともせずに言いたいことだけ言ってる。

この小説を通して著者が本当に言いたかったことは、「目標(例えばスコア)が同じでも、その目的が異なれば、それに応じて手段(例えば学習方法)も変わるのが普通でしょ?」ということではないでしょうか?遠くに見据えているものは何なのか?それによって人は行動を起こすわけですからね。だから本書では目的に応じたそれぞれの勉強法やアプローチを示してくれているのでしょう。

テスト受験者の事情を一切無視してTOEICの是非を外野から議論するのは無意味だと、本当は問答無用、一刀両断にぶった斬りたいところなのでしょうが、本書ではあえてそうはせずに、TOEICの有用性を具体的な事例を紹介しながら一つずつ丁寧に説明しています。前田先生らしいアプローチだと思うし、これができるのはTOEIC界で(←そんな世界があるのか知らんが)前田先生しかいないでしょう。

中心にあるべきは、TOEICというテスト制度なんかじゃない。英語学習者達の心なんだ。昇進のためにスコアアップだけに拘ることも正しい!海外相手の仕事を目標にスピーキングを中心とした本物の力を蓄えるのも正しい!このテストの価値を決めるのは受験者であり、また、このテストをどう活用するかについては、ひとり受験者の意志に委ねられて然るべきだと僕は考えています。

さあ、皆さん、まだ本書をお持ちでないなら、売り切れないうちに書店へGo~!

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト


TOEIC国内本レビュー | 17:00:05 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-02-21 金 22:31:11 | | [編集]
Re: 待っていました。
2/21のMさん

> Oxford Tactics for the TOEIC testは勉強されたことはありますでしょうか?

Tactics for Toeic: Listening and Reading Test Pack(Book+CD-ROM)なら持っていますし、活用しました。

これにもOxforedの文字が入っていたと思いますが、別のものでしょうか?模試も2セット入っている教科書的なものです。

解説も英語なので、ある程度力がないと難しいとは思いますが、Mさんのじつりょくであればお勧めです。しかし、僕が持っているものと違うものかもしれませんね。
2014-02-24 月 17:59:25 | URL | Rabbit [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad