fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Part3とPart4の秘密兵器
リスニングセクションのPart3は13セットの39問、Part4は10セットの30問あります。この2つのPartを合わせると実に69問ですから、リスニングセクションのほぼ70%を占めているわけです。初中級者から上級者へと登っていくためには、ここを突破しないと無理です。

先読み云々の話もあるのですが、僕が700点くらいの頃、結構苦労したのが、1セット3問の解答をいつマークシートに塗るかということでした。1問目や2問目の解答が分かった時点で塗ると、3問目の解答根拠を聴き逃したりして怖い。しかし、塗ってしまわないと1問目と2問目の解答記号を忘れてしまいそうで、それはそれで怖い。笑。

※ご存じかと思いますが、問題用紙に〇印をつける、下線を引く、チェックするなどの行為は違反行為に該当するのです。

HUMMER先生に教えていただいた「指を問題用紙の正解と判断した解答記号に置く」方式は素晴らしいので、それが向いている人は「全力特急」をご覧ください。超お勧めの方法です。

僕も一時期、この方法を採用していたのですが、なにせ指が太いもんで、Bを指しているのか、Cを指しているのか、分かんなくなっちゃったんですよね。女性とか、指が細い人は超お勧めな方法なのですが、太い人はダメなのよおおお~!

で、僕がこのHUMMER先生の方法をアレンジして編み出したのが、指差しに使う爪(僕は左手の中指と人差し指を使ってました)に矢印(→)を書いちゃう方法です。爪に細いマジックで矢印を書くと、割と正確に解答記号を指し示すことができるんですね。ホントですよ。

これはこれで上手くいったのですが、ある時、もっと良い方法を思いついたのです。公開テストの真っ最中に、です。僕はシャーペンは4本持っています。2本が0.9mm、もう2本が1.3mmです。Part3の音声を聴いているときに、使っていないシャーペンが転がったんです。問題用紙の上で。

それが選択肢ABCDの辺りで止まったの。あ、ああ、あああ!これ、使えると思ったのです。その日はいつものように解答しましたが、家に戻って、チビた鉛筆を2本探した。使い古して3cmくらいになっちゃってるやつを、です。

そうです。この鉛筆を2本、公開テストに持ち込み、1問目と2問目の解答を指し示すように置けばいいのです。だから形状が丸いやつは向きません。六角形のやつがいい。転がらないから。3問目は最後に塗ればいいから不要ですね。

これは問題用紙にも解答用紙にも印をつけるわけじゃないから違反じゃないんです。だって、予備の鉛筆を置くだけだから。鉛筆とか、シャーペン、消しゴム以外のものを持ち込んで使ったらダメですよ。それは違反行為になりますから。

この方法、絶対上手くいきます。僕がかつてやってたんだから。実証済みです。だけどね、しばらくしてやらなくなりました。実力が上がってくると、解答3つくらい難なく覚えられるようになるんです。鉛筆なんか置かなくても。それまでの間の一時しのぎに過ぎないんだけど、是非やってみてください。大切なのは、問題用紙から目を離して音声に集中できる環境を作ることですから。

次回12/10の公開テストで、小さい鉛筆を持ってきている人を見掛けたら、それはこのブログを読んでくれた人の可能性が高いですね。笑。笑。笑。TOEICは楽しいですね。こんなしょうもないことでも真剣に考えさせてくれたりして。笑。笑。笑。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト





未分類 | 11:41:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する