fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Jargon in TOEIC③
本日、1月の公開テストを申し込んだRabbitです。申込済み、未受験のテストが3つ並んだのは初めてですね。11月、12月、1月と。それはそうと、懲りずにTOEIC専門用語第3弾です。

韓流本
韓国人気スターの写真集ではない。お隣韓国で販売されているTOEIC本のことである。韓流模試ともいう。韓国では日本を凌ぐTOEIC熱が有名であり、したがってTOEIC書籍の種類・量が半端ではない。いきおい国産で定評のある模試本をやり尽くしてしまったジャパニーズトーイッカー達が海を渡ることになるのは自然な流れだ(←そうかあ?)。ハングル語なんてサッパリ分んないくせに(←余計なお世話だ)、ネットを巧みに操り、自分の欲しい本をゲットするその執念は凄まじいものがある。その根性があれば900点なんてチョロイだろう。韓流本はその質の高さ、分量、コストにおいて国産本を凌駕している。しかし、欠点がないでもない。当たり前だが解説は全て例外なくハングル語なのだ。なので、あまり深追いし過ぎると、英語よりもハングル語のほうが上達してしまうかもしれないので注意が必要だ。

RC,LC
何のことか分らないかもしれないが、韓流本マニアなら誰でも知っている。RCとはReading Comprehension(読解)のこと、LCとはListening Comprehension(聴解)のことである。韓流模試をネット注文する際にはRCかLCか間違わないように注意しよう。Economy RC1000の5といえば、Economyのリーディング模試1000問のVol.5のことである。韓国では1000問ないし1200問が主流なのだ。桁が違うね。

Economy RC5

3回チャレンジ法
同じ模試本を「違ったアプローチの仕方で」3回解く方法である。漫然と解くよりも恐ろしいくらい実力がつく。一番良くないのが1回解いただけでやりっぱなしという放置主義だが、この3回チャレンジ法はまさにその対極に位置する。詳しくはヒロ前田先生の「究極の模試」を購入の上、参照されたい。同書は昼ご飯3回抜いてでも購入すべき名著である。3回チャレンジ法というくらいだから(←意味が違うぞ)。

勘ボックス
解答を自信を持って選べずに勘ピューターでマークすることをいう。仮に運良く正解したとしてもそれは真の実力ではないのでやがてメッキが剥がれ落ちる時が訪れよう。先に紹介した「究極の模試」の解答用紙は、(A)(B)(C)(D)のマーク欄だけではなく「勘ボックス」の欄が設けてあるスグレモノだ。厳しいかもしれないが、「勘ボックス」にマークしたものは誤答の扱いを受けねばならない。きちんとした根拠を持って選んだ解答のみが真の正解なのだ。

Aクラス
3年A組のことじゃない。TOEICテストで860点以上の高スコアを記録することを指す。ノンネイティブとしての最初の目標となるスコアだ。ちなみにBクラスは730点以上のスコアだが、Bクラスに入っても金八先生には会えない。

オフ会
TOEICに限らないが、off-line meetingのことをいう。通常、ネットなどのオンラインだけのお付き合いをしている仲間が実際に対面して会う機会のことである。Informalなくだけた座談会的な場面をご想像いただければよろしいかと思う。ただし、TOEICの世界では、1人でも結構ややこしい人が、ワンサカ集まってくるわけでありまして、相当濃ゆ~い会であることは間違いない。オフ会に出席してもそれだけではスコアは上がらないが、モチベーションは上がりまくるので結局スコアアップしてしまう人が多い。スコア990の満点ホルダーのオーラを垣間見ることができるのも、このオフ会ならではの恩恵である。オフ会はまた学習会とセットで行われることが多いので、高得点者がどうやって問題を解いているのか、その技術を盗むのだ!

<番外編>
究極のゼミ合宿

まだ現時点ではTOEICの専門用語にはなっていないが、近い将来必ずなるであろうJargonがこれだ。先の「究極の模試」の著者であるヒロ前田先生が、あの伝説のブロガー、HUMMERさんとタッグを組んで実施するあり得ないゼミ合宿。実施前から既に伝説になってしまっている、そんな気配だ。本当に大変なゼミらしい。15時間PART7をやりっぱなし・・・・・。どうやらRabbitはこの合宿に参加するらしい・・・・・。考えるだけでコワイ!どの位コワイかと言えば、黒部峡谷からバンジージャンプするよりもコワいけど、お腹の空いたコモドドラゴンの半径1メートルに肉を咥えて近寄るよりはコワくない(←じゃあ、止めろよ)!というわけでビビリまくりながら行ってきます・・・・・。

今回は前回に続きましてOJiMさん、そして新たにharuさん、うみぶたきっくさんのリクエストにいくつかお応えしております。みなさん、TOEICオタクですねえ。うふふ・・・(←うふふ、じゃねえ!)。
スポンサーサイト





未分類 | 21:17:54 | トラックバック(0) | コメント(9)
コメント
最高です
どんどんマニア垂涎の用語がたまっていきますね。

ゆくゆくは是非各パートの概要を
Rabbitさんの語り口でまとめて頂きたいです。
2012-11-06 火 22:47:17 | URL | HBK [編集]
最高です(に、もう一票)
私も、なんとなくいつのまにかどっぷり浸かっていましたが、初めての人はブログ巡りをしても何の話やら?という感じでしょうね。

私はまだ金八先生に会えません。寂しいです。
2012-11-07 水 01:00:40 | URL | ゆき [編集]
Re: 最高です
HBKさん

いつもご訪問有難うございます。

> ゆくゆくは是非各パートの概要を

いいですね、各パートの概要。それは究極のTOEICマニア用語でしょうね。

いつかチャレンジしてみます。
2012-11-07 水 12:15:41 | URL | Rabbit [編集]
Re: 最高です(に、もう一票)
ゆきさん

いつもブログ拝見しております。
お互いなかなか勉強時間が確保できずに苦しいところですね。何とか頑張りましょう。

> 初めての人はブログ巡りをしても何の話やら?という感じでしょうね。

そうだと思います。しかし、僕もそうでしたが、徐々に分るようになっていって、いつのまにかTOEICオタクになるのです。また、是非お立ち寄りください。
2012-11-07 水 12:19:13 | URL | Rabbit [編集]
はじめまして、ラビットさん
はじめまして、面白い記事を楽しく読ませていただきました。 実は私も12月の合宿に参加することが決定しました!ドキドキです。私も考えるだけで怖いですが、でも一生懸命頑張ってたくさん学びに行くつもりです。がんばりましょう!!!
2012-11-09 金 05:54:53 | URL | グリーン [編集]
Re: はじめまして、ラビットさん
グリーンさん

初めまして、Rabbitです。

ブログ拝見しました。素敵な蔵書ですねえ、羨ましい・・・。
英語の先生なのですね。しかも満点ホルダー!スゴすぎる・・・。

合宿に参加される意図は、教える側の立場からの興味なのでしょうか?
いずれにしても楽しみですね。スゴイ合宿みたいなので、若干コワイけど・・・。

こらからもどうぞよろしくお願いします。
2012-11-09 金 12:21:01 | URL | Rabbit [編集]
楽しみですね!
RABBITさん、お返事ありがとうございました!私はまだまだTOEICを教えるにあたっては、まだまだ勉強しないといけないと思い、参加します。こちらこそ、今後ともよろしくお願いします!
2012-11-09 金 12:51:38 | URL | グリーン [編集]
Re: 楽しみですね!
グリーンさん

ブログにリンク貼らせていただきました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
2012-11-09 金 17:41:14 | URL | Rabbit [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-11-10 土 11:56:54 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する