FC2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』

2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得
2017年8月のIPで990点取得
2017年9月のIPで990点取得
2017年10月のIPで990点取得
2017年11月のIPで990点取得
2018年10月の公開で990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 485 475 960
224 2017.10 480 465 945
225 2017.11 475 480 955
226 2017.12 485 470 955
227 2018.01 495 460 955
228 2018.03 480 475 955
229 2018.04 465 480 945
230 2018.05 475 450 925
231 2018.06 495 490 985
232 2018.07 465 485 950
233 2018.09 475 475 950
234 2018.10 495 495 990
235 2018.11 480 450 930
236 2018.12 495 480 975
237 2019.01 480 485 965
238 2019.03 490 480 970
239 2019.04 495 470 965
240 2019.05 495 480 975
241 2019.06 495 480 975
242 2019.07 495 485 980
243 2019.09 申込済
244 2019.10 申込済
245回以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

PART5マシンガンの補足
先日のPART5マシンガンで、僕の解答が1問間違えていたようです。参加いただいた方がTwitterのフォロワーさんでしたので、昨日教えていただきました。Test8の140番です。

140.(       )the company launched its new products, it was already too late to make a significant impact on the market.
(A) In order for
(B) By the time
(C) As much as
(D) Now that

という問題でした。僕は(C)As much as が正解と説明したのですが、解答集には(B)By the time が正解となっていたようです。大変失礼しました。

As much as はAlthough と同義なので、その会社は新しい製品を出したけれども、市場にインパクトを与えるには既に遅すぎた、と僕は解釈したのです。

ですが、By the time を入れれば、その会社が新しい製品を出した時には、既に市場にインパクトを与えるには遅すぎた、という文意になり、これが正解のようです。

何だか、As much as も By the time もどちらも不正解になり得ないような気もしますが、皆さんはどう思われますか?どなたかご教示いただけると助かります。

僕は、TOEICに限って言えば、By the time は、主節が未来完了形になるケースしか正解になっているのを見たことがなかったので、一瞬で正解の候補から外してしまったのですね(汗)。

実際にはいろいろな時制で使われていますから、消してはいけませんでしたね。間違った説明をしてしまい、申し訳ありませんでした。正解は(B)に訂正させていただきます。

それにしても、As much as = Although はダメですかね?やっぱ、ダメ?

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト





学習会 | 00:19:50 | トラックバック(0) | コメント(11)
コメント
Rabbitさん、
先日はどうもです。

as much asも入りそうですね。
この文で使うと、単なるalthoughに加えてmuchの香り効いてくるので、(かなりの)新製品を出したのに~、というニュアンスが出そうですが、それでも意味が通りそうです。

ちなみにby the timeを調べてみましたところ以下のような出題例がありました。
1)公式実戦TEST1 No.139
2)公式実戦TEST6 No.139
3)vol.4 TEST2 No.120

1)、2)は主節が未来完了、3)が過去時制でした。

では。
2015-02-15 日 08:01:02 | URL | OJiM [編集]
Re: タイトルなし
OJiMさん

先日はお疲れ様でした。

> as much asも入りそうですね。この文で使うと、単なるalthoughに加えてmuchの香り効いてくるので、(かなりの)新製品を出したのに~、というニュアンスが出そうですが、それでも意味が通りそうです。

そうですよねえ、微妙な問題ですね・・・。韓国模試ではありがちですけど・・・。

> ちなみにby the timeを調べてみましたところ以下のような出題例がありました。
> 1)公式実戦TEST1 No.139
> 2)公式実戦TEST6 No.139
> 3)vol.4 TEST2 No.120
> 1)、2)は主節が未来完了、3)が過去時制でした。

vol.4では過去時制で出題されているのですね。確認してみます。さすがは公式ですね。

近々またお願いします。
2015-02-15 日 18:24:55 | URL | Rabbit [編集]
Rabbitさん、先日はありがとうございました。

>それにしても、As much as = Although はダメですかね?やっぱ、ダメ?
疑問の解決になるかわかりませんが、下記のページでAs much asとAlthoughの話題がありましたので、ご参考までに。
http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=1741569
Sinceとasのように、多少、意味の違いがありそうですね。。。

勉強になりました。
2015-02-15 日 20:28:08 | URL | emi-5 [編集]
Rabbitさん

こんにちは。Rabbitさんが最初に公開テストで990点を取られたときに、1度お祝いのコメントを差し上げた者です。いつも楽しく拝読しています。

As much as ですが、ここでは正解には少しなりにくいかと思います。文頭の (As) ~ as S V は確かに although に近い意味がありますが、~ の部分が倒置で前に出てきた形であるため、倒置を元に戻したときに、文が成り立たなければなりません。しかし、

The company launched its new products (very) much.

という文は、意味から考えて、やや無理があるように思います。また、「たくさんの~」というように much を名詞にかけることは、この場合、products が可算名詞であることからも不可能です。さらに、much を名詞にかける場合でも、much と名詞を離して、much だけを前に出すことはできないかと思います。

以下、Oxford Advanced Learner's Dictionary の例文ですが、ともに、倒置を戻しても文が成立します。

Much as I would like to stay, I really must go home.
「残りたいのはやまやまだが、帰らなければならない」
(I would very much like to stay.)

Happy as they were, there was something missing.
「彼らは嬉しくはあったが、何かが欠けていた」
(They were happy.)

以上、おせっかいですが、参考になれば幸いです。
2015-02-15 日 22:50:40 | URL | Geordie [編集]
もしご参考になれば…
Rabbit様

by the timeと時制の問題について最も明快に
記載していると思われる本として、
長本先生の「改訂版TOEIC TEST 文法急所総攻撃」
166ページをあげさせていただきます。

なお「時制の一致の例外」について、副詞節が過去形の場合には
適用にならず、原則に戻る(主節も過去形になる)という理解をしています。
2015-02-16 月 05:18:38 | URL | HIRO [編集]
念の為
すいません、後段はあくまで私の個人的な
理解であり、長本先生の見解ではありません。
時や条件を表す副詞節が現在形や現在完了形でなく、
過去形の場合には、主節も過去形がそのまま適用に
なる、ということです(私的理解)。
2015-02-16 月 06:10:51 | URL | HIRO [編集]
Re: タイトルなし
emi-5さん

こちらこそ先日は有難うございました。

As much as = Although はnearly equal であって全く同じではないんですよね。

PART5で As much as はあまり見かけませんが、PART7の本文中にはよく出てくるんですよ。気を付けて読むようにしてください。きっと、出会えます。

ではまた。
2015-02-16 月 12:27:11 | URL | Rabbit [編集]
Re: タイトルなし
Geordieさん

その節は有難うございました<(_ _)>。

> 文頭の (As) ~ as S V は確かに although に近い意味がありますが、~ の部分が倒置で前に出てきた形であるため、倒置を元に戻したときに、文が成り立たなければなりません。しかし、The company launched its new products (very) much.という文は、意味から考えて、やや無理があるように思います。

なるほどお(#^.^#)~!倒置を一旦元に戻して考えればいいのですね!

また、much を名詞にかけることは、この場合、products が可算名詞であることからも不可能です。さらに、much を名詞にかける場合でも、much と名詞を離して、much だけを前に出すことはできないかと思います。

全くその通りです。御意<(_ _)>。

> 以下、Oxford Advanced Learner's Dictionary の例文ですが、ともに、倒置を戻しても文が成立します。

> Much as I would like to stay, I really must go home.
> 「残りたいのはやまやまだが、帰らなければならない」
> (I would very much like to stay.)

> Happy as they were, there was something missing.
> 「彼らは嬉しくはあったが、何かが欠けていた」
> (They were happy.)

素晴らしいご説明ですね。理解しやすいと思います。

また分からない問題が出てきましたらブログで取り上げることがあるかと思いますので、その際はお助けください。有難うございました。
2015-02-16 月 12:32:03 | URL | Rabbit [編集]
Re: 念の為
HIROさん

ご説明有難うございました。

時制に関しては原則と例外をきちんと理解しておかなくてはいけませんね。

参考になりました。有難うございます。
2015-02-16 月 12:33:58 | URL | Rabbit [編集]
文法的な説明ではないですが、構文的にby the time … it was too lateとかby the time … alreadyなど「〜した頃には手遅れだった」「〜した頃にはすでに〜だった」のようによく使われています。英辞郎には以下のような例文がありました。

By the time I noticed, it was too late.
気付いたときにはもう手遅れだった。

Google検索もものすごくヒットします。

"by the time * it was too late"
約 846,000,000 件

"by the time * it was already too late"
約 596,000,000 件

"as much as * it was too late"と調べてみるとヒット数は多いのですが、二つの文に分かれてしまったものが多く、by the timeのように構文的に使われている例はほとんどありません。
2015-02-16 月 20:39:09 | URL | 通りすがり [編集]
Re: タイトルなし
通りすがりさん

> Google検索もものすごくヒットします。

> "by the time * it was too late" 約 846,000,000 件
> "by the time * it was already too late" 約 596,000,000 件

確かに物凄い数がヒットしますね。

> "as much as * it was too late"と調べてみるとヒット数は多いのですが、二つの文に分かれてしまったものが多く、by the timeのように構文的に使われている例はほとんどありません。

なるほど。実際のの引用例で調べてみても差は歴然なのですね。

有難うございました。
2015-02-16 月 21:08:47 | URL | Rabbit [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://rabbittoeic.blog.fc2.com/tb.php/762-4c9eef30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PAGE UP