■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得
2017年8月のIPで990点取得
2017年9月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 485 475 960
224 2017.10 申込済
225 2017.11 申込済
226以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

次の世代へ
学生時代から様々な組織に所属してきました。その最たるものは会社なわけだけど、それ以外にも両手では足りない数の集合体に関わってきました。力及ばないことは多かったけど、その都度、自分なりに頑張ってきたつもりです。

過去形ではなく、今もそのスタンスは何ら変わることはない。自分のことだけを考えているようでは組織に所属している意味はないと、僕は思っています。だったら止めればいい。利益を享受するだけの都合の良いポジションなんて最初のうちだけだ。

加入当初は仕方ありません。むしろ当然でしょう。まだ様子が分からないし、馴染むことが先だからね。先ずは周りを見ながら一刻も早く、先輩たちに追いつかなくてはなりません。遠慮なく教えを請うことができるのも、この時期の特権だ。

でも、いつまでも丁寧に教えてもらえるかと言えば、おそらくそれは違う。新しいメンバーが次々と入ってくるんだから、彼らから見たら、僕らは先輩だ。それは、自分が教える順番が到来したことを意味するわけです。それが組織というものではないでしょうか?

次の世代にバトンを渡す。

それは加入した時からすでに始まっている当然の役割なんだ。

そして自分自身は次の未知なるステージに歩みを進める。バトンを渡すのは簡単じゃない。自分が成長していなければできないことだから。そこで、必死にもがく。葛藤する。そこに成長の鍵があるのではないでしょうか?

自分は指導なんてできない。そんな器じゃない。それは誰か他の人がやるべきだ。そう決めつけてしまう人もいるかもしれません。だけど、指導というものは、実際に対面して教えることだけに限らないと僕は思うのです。

手取り足取り教えるわけでもなく、強力なリーダーシップを発揮するわけでもないけれど、地道に頑張り続けることで背中で示す、というスタンスだってあり得るわけです。実際、このタイプの人が組織の屋台骨を支えているというケースが少なくありません。

重要なのは、次世代を見据えて準備するということなんだ。それは、つまり、次世代のニューリーダーを育成するという心構えから発することなんだ。自分がその地位に固執するなんて論外です。

勿論、その組織における自分の関わり度合いや比重は人によって異なりますから、一概に論じることはできません。心の強さだって違います。だから全員が同じ分担で頑張れなんて、これっぱかしも思ってません。弱い人や傷ついている状態の人はメンバー全員が必死で守るんだ。要は一人ひとりの気持ちです。

僕も今、自分自身に問うてみる。自分はこの仲間たちに貢献できているだろうかと。仲間から与えられる利益だけを貪る、くだらない輩に成り下がってはいないかと。

過去の功績なんか、どれだけあっても関係ない。今の自分を冷静に見つめてみて、ただ組織にぶらさがっているだけのお荷物だと感じたなら、

それが会社であろうと、プライベートな集まりであろうと、

僕はいつだって辞める覚悟がある。

そうやって生きてきた。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト


未分類 | 23:46:53 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-06-23 火 07:34:00 | | [編集]
Re:
6/23の隠しコメンテーターさん

メール送りましたのでご覧ください。
2015-06-23 火 13:28:05 | URL | Rabbit [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://rabbittoeic.blog.fc2.com/tb.php/945-30353762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PAGE UP

FC2Ad