■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得
2017年8月のIPで990点取得
2017年9月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 485 475 960
224 2017.10 申込済
225 2017.11 申込済
226以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

珍しい形容詞
珍しい形容詞に出会いました。いや、たぶん、僕が知らなかっただけで、みんな知っているのでしょう。それは、amiss です。miss の頭に1文字 a がついているだけだから、なんとなく意味は推測できますかね?

べつの語で言い換えると、wrong とか、improper になりますね。間違っているとか、不都合なとか、正常でないとか、そんな意味になります。英英辞書的には、If something is amiss, there is a problem. ということです。

短くて簡単なスペルだし、何処かで出会っていても不思議ではない単語なんですが、迂闊にも僕は知りませんでした。ペーパーバックなどを多読している人は知っているでしょうね、きっと。

皆さんはご存知でしたか?amiss ?

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:49:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
TOEICの世界に欠かせない飛行機
飛行機が遅れる理由のバリエーションが増えてきましたよね。昔は悪天候ばっかりでしたけど、搭乗者が全員来ていなくて搭乗手続きが遅れてるとか、荷物の積み込みが終わっていないとか、機材が揃っていないとか、さまざまです。

あ、そうそう、滑走路が混んでいて順番待ち状態というのもありました。それに、先日は、燃料をチャージしているというのもありました。結構増えてきましたよね。これ以外に考えられるのは何があるのでしょうね?

遅れの理由じゃないけど、過剰ブッキング解消のため、席を譲ってくれというアナウンスもありましたね。やっぱり、TOEICの世界では飛行機から目が離せません。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:45:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
研修に参加してます
昨日から3日間、研修で茨城県に来ております。研修所に缶詰め状態なので、外には出られません。出てる人もいるけど(笑)。僕はそういう気にはなりません。研修中も給料をいただくわけですから、遊びじゃありません。

この研修で学ぶことは決まっていますが、僕はそのプラスアルファを持ち帰るつもりで参加しています。

それはファシリテーターとしての能力です。ここでは研修のプロフェッショナルと会えるので、彼等のファシリテーションスキルを盗みます。

周りの参加者が一生懸命にノートをとっている時も、僕はノートなど一切とらずに先生をみつめています。よく目が合うから変なヤツだと思ってるでしょうね(笑)。

あと1日残ってます。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:49:23 | トラックバック(0) | コメント(4)
Rのタイムマネジメント
僕の場合、必勝パターンは「7分⇒8分⇒25分⇒35分」です。え?何がって?TOEIC L&Rテストのリーディングの時間配分です。今のところ、これが一番、自分の実力に見合った時間の割り当てということになります。

Part5 :7分(30問)
Part6 :8分(16問)
Part6(SP) :25分(29問)
Part7(MP) :35分(25問)

ですね。Part5&6で合わせて15分で解いて、Part7の60分まるまる残す時間配分にしています。Part5&6の46問を15分は決して無理なスピードではないので、全文きちんと読んでいます。

Part7に60分確保するというのがポイントなんです。60分あれば、相当難易度が高いフォームに当たった場合でも、まず塗り絵にはなりません。安心できる時間です。

シングルパッセージの29問を25分で解くのは厳しいと思われるかもしれませんが、短いパッセージが多いので、慣れれば可能です。僕は大抵、25分まではかかりません。

問題はマルチプルパッセージですが、35分残っていると、25分で25問解き切ることができます。結局は10分余りですね。実際には、時間が余ると分かって時点でスピードを落とすので、5分くらいしか余らないことが多いのですが、これが必勝パターン。逆に言うと、これが崩れると崩壊パターンです。

マルチ5セット25問を残した状態で、25分あれば解き切れる筈なのですが、慌ててしまってダメなのですね。35分あると、ゆっくり落ち着いて読んでも25分で終わります。気持ちの問題が大きいのでしょうね。

Part5&6を15分で終わらなかった時は、Part7のSPで急いで帳尻を合わせます。MPには少なくとも30分は残さないと危険です。幸いなことに、今のSPは急げば20~22分くらいで何とかなります。

僕は模試を解いていて、Part5&6の回答時間を15分より短くすると、46問全問正解が難しくなることを経験的に学んだんですね。だから、この2つのパートは急がない。

その代りに、時間が押してきた時に追いつけるように、Part7のSPを速く解く訓練をしたんです。1~2問、解答根拠を見つけられずに、落としてもいい前提なら、20分で29問解答できます。そこはMPを回答し終えたら戻ってきて修正すればいい。戻って来る時間がなければそのまま放置です。

現行のRでは2~3問、間違えても495点は出るから、必ずしも100問全問正解しなくても満点獲れます。だから、Part5&6の46問を15分で全問正解できれば、十分、満点は狙える位置にいるんです。Part7は多少粗く解いてもチャンスはあると、僕は割り切って考えるようにしています。

この辺りは、人によって違うんでしょうね。いつかTOEIC学習者の集まりがあった時に訊いてみたいなと思っています。皆さんは、どのようにお考えですか?

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 11:07:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
設問・選択肢を予測する
何を言ってるのかと思われてるのではないでしょうか?TOEICのリーディングセクションのPart7は、問題文と設問と選択肢の3つで構成されています。当たり前ですよね。その問題文だけ全文読みして、設問(あるいは選択肢)を当てるんです。

Part7の勉強に慣れてくると、問題文を読んでいるだけで、ここが設問として問われるとか、ここがクロスリファレンスで使われるとか、ここがNOT問題に絡むとか、分かる時があるのです。設問・選択肢を読まなくても、あ、ここだって分かるんです。本当です。

この傾向は、短い文書よりも、長い文書やマルチプルパッセージで顕著です。情報量が多い方がいいのですね。ピッタリ当たると何だか嬉しい。出題者に先回りして勝ったような気分になります。分かってたもんね、そんなの、ふふん、的な。

キーワードは幾つもあります。平凡なところなら、時を表す、annually, monthly, 5th anniversary, was(used to), regularly, now, などですかね。毎年やってるとか、定期的にやってるとか、今はない、とか、これらの語でピンとくるんです。

場所とか数を表すキーワードもありますね。Based on Tokyo, locations, plants, his second novel などです。Based on Tokyoは、東京に本社がある(そこに勤務している)、locations やplants は複数あることを教えてくれていますし、his second novel も少なくとも既に2冊以上書いていることを示唆しています。

これ2文書参照のクロスレファレンス問題になると、もっと面白い。時間無制限なら、ほとんど設問が分かります。ああ、絶対ここだ!って。実に面白いですよ。時間に余裕がある時ですけど、やってみると意外に面白い。

まあ、こんな楽しみ方をしているのは僕くらいかもしれませんが、問題文全部を先読みする訓練をしていた時に、偶然、気づいたんです。なんだ、問題文さえきちんと読めてれば、設問なんて、大抵予測できるし、後で読んでも全然大丈夫だなって。

一度やってみてください。きっと楽しいから。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 18:28:29 | トラックバック(0) | コメント(2)
前のページ 次のページ

FC2Ad