■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 申込み済
220 2017.05 申込み済
221以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

花田塾チャリティーセミナーでキャンセル待ちの方へ
4/29開催の第7回花田塾チャリティーセミナーにキャンセル待ち登録されている皆様にご連絡です。

例年、この時点では、一定数のキャンセルが発生し、キャンセル待ちの方が繰り上がって“参加”となるのですが、今年に限っては、今もって、キャンセルがゼロという状況です。

しかし、間際になれば、風邪による体調不良とか、急なお仕事とか、ある程度のキャンセルは発生すると思いますので、諦めずにお待ちください。

こればかりはお約束できることではありませんので、はっかりお伝えすることができず、大変申し訳ありませんが、どうぞ、ご理解くださいますようお願い致します。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:25:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
学習計画の貯金生活
仕事も自己啓発もなかなか思うように進まないものです。計画通りに捗らないと、つい挫折しそうになってしまいます。もう止めちゃおうかなと。立案した計画そのものに無理がある場合もありますが、実際にはメンタルが大きく影響します。

計画がbehind scheduleに陥ると、気持ちばかり焦って精神衛生上よろしくない。だから余裕を持った計画を立てましょう。ポイントは3つです。

① あまり長いスパンの計画にしないこと
② 出足から遅れてしまうような計画にしないこと
③ 遅れてしまった場合のリカバリーができる仕組みになっていること

① については、1年とか2年という長いスパンで計画を立てる場合があっても、それを必ず、1ヶ月⇒1週間というようにブレイクダウンさせることが肝要です。長すぎる期間の目標は、日々のタスクに落とし込みにくいからです。現実的じゃない。

② スタートから遅れてしまうと、いきなり借金生活になってしまうわけで、気持ちも暗くなり、学習していても楽しさは沸いてきません。ひたすらネガティブな感情に支配されます。こんな筈じゃなかった・・・。もっと頑張らなきゃダメだ・・・。これが良くない。

③ 計画より遅れてしまった場合でも、何処かで追いつける仕掛けをしておく必要があります。これが計画倒れにならず、長続きするコツです。前を走っているランナーに絶対追いつけないと分かっていたら戦意喪失するものです。

以上のことを踏まえ、僕なりの考え方を披露させていただきます。

先ず、どんなに長期的な目標であっても、それを1週間という短いスパンに刻む。これは、やるべきことをより明確化するためですね。そして、ダラダラしないためでもあります。自分を逃げられない状態に置くということです。

次に、1週間の目標の立て方を工夫する。僕は基本、土日が休みですから、土日にはまとまった学習時間を確保し易い環境があります。だから、土曜日を学習開始の起算点に置くわけです。そうすると、土日で結構な学習貯金ができます。月曜日から金曜日までずっと、ゆとりある貯金生活を送ることができるのです。

この起算点を月曜日に置いてしまうと、月曜日は何かと仕事も忙しいので、いきなり借金生活に陥ります。火曜日はもっと頑張らないといけないと思いながら寝床につくわけです。ところが、火曜日も急な仕事は入ってしまい、殆ど勉強できませんでした。こうして借金が膨らんでいきます。

いいや、土日に纏めて頑張って追いつこう、ってなる。それもありでしょうが、大量に〝勉強しなくてはならない〟義務感に覆われた土日って楽しいですか?待ち遠しいですか?好きでやっている筈なのに、気持ちは追い込まれていく。だから、そうならないように、勉強しやすい環境が整っている曜日を、スタート地点に持ってくるのが正しい。

土日お休みの方には、もうひとつお勧めがあります。それは、日曜日にスタートすることです。日曜日に始めるから貯金を作り易い。そして、万が一、平日で遅れが生じた場合には、とっておきの土曜日が残っています。切り札として土曜日を温存しておくのです。いつまでに返せる、と分かっている借金はそんなに辛くないのであります。

上記は一例に過ぎませんが、参考にしていただけたら幸いです。

それから、大事なことをもうひとつ。学習計画には、時間達成方式とノルマ達成方式があります。時間達成方式は、今月60時間勉強する。1週間に置き換えると15時間。こういうことです。ノルマ達成方式は、このテキストの60ページから100ページを1ヶ月かけてしっかり勉強する。1週間に置き換えると10ページずつ。こうなります。

どちらが自分に適しているかは、ご自身の判断です。僕は、TOEIC学習初期の頃は時間でカウントしていました。まだ机に向かう習慣すらできていなかった時代なので、これが合っていました。勉強の習慣がついてからは、時間でカウントすると、ダラダラとしてしまい、大して身につかないと悟り、ノルマ達成方式に変えました。これが終わるまでは絶対寝ない、とかね。

人それぞれで宜しいかと思います。

あなたはどんな学習計画を立てていますか?それは本当に自分に相応しい計画ですか?計画が自分に合っていないがために、日々、借金取りに追われていませんか?このゴールデンウィークの前に、きちんと学習計画を見直して効果的・効率的で、かつ、穏やかな気持ちで勉強できる工夫をしてみませんか?

がむしゃらに勉強しまくればいいっていうものじゃありません。そんなことしていたら、いつか、緊張の糸がプツンと切れて何もできなくなってしまいますよ。本来、勉強というのは楽しいもので、修行僧が滝に打たれるような苦行ではありません。

ではでは、良い週末を。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 13:06:03 | トラックバック(0) | コメント(2)
どうしたら速く読めるか
ここ最近の公開テストでは、最後まで解答できなかったという受験者が続出しています。そこで持ち上がってくるのが、どうしたらもっと速く読めるか、という課題です。実際、僕もリーディングでは時間がショートしましたので、気持ちは分かりますが、何となく腑に落ちません。

速く読めれば解答できた、正解を選べた。そういう前提なのですかね?う~ん、果たしてそうなのでしょうか?与えられた時間が75分ではなくて90分あれば、ゆっくり自分のペースで読むことができていたら、全問正解できた筈だ。そういうことでしょうか?

何だか違うような気がする。

ゆっくり読んでも分からなかったんじゃないの?

皆さんが声を揃えて、次のように言います。「Pat5とPart6で20分もかかってしまいました。だから、Part7に充てる時間がいつもより少なかったんです。」現実としてはその通りなんでしょう。僕も似たようなものでした。

しかし、僕は前回の公開テストで大失敗して、気づいてしまったのです。ああ、もう少し時間があれば、もう少しゆっくり読ませてくれれば間違えなかったのに・・・。皆の感想が同じだから、僕もテスト直後はそう思っていたけど、はっきり気づいてしまったのです。これは絶対違うなって。

真実は、ゆっくり読んだけど間に合わなかったのです。もっと正確に言えば、ゆっくり読んでも英文の意味がとれないから、何度も読み返したわけです。読み返したところは何とか理解できたから、Part5、Part6、Part7の最初ほうの文書(SP)は正解できているわけです。

だけど、ここで時間が足りないことに気づいた。だからもう、〝そこから先はゆっくり読めなかった〟のです。Part7の最後のほうの文書(MP)は、時間に追われて慌ただしく読んだから、満足な結果が得られなかった。

ここだけに目を奪われると、今後の学習方針を間違えてしまう。実は、ゆっくり読めなかったのは、最後の10分~20分だけです。それ以外は、十分ゆっくり読んだんだ。

後半戦が読めなかったんじゃないんだ。実は、前半戦から、つまり、Part5から既に読めてなかったんだ。何度も読み返したから最終的には理解できて正解できた前半戦。実はここにポイントがあると思っている。

つまり、一度読んで完全に理解できなかったという点に失敗の真の原因があって、そこを克服しないと何度でも同じ失敗を繰り返すことになる。何故、Part5とPart6に思っていたより時間がかかってしまったのか?何故、Part7のSPから悩みまくったのか?

おそらくそれは、英文を読んで理解する基礎が欠落していたからなんだ。基本を疎かにしていたから、メッキが剥がれたんだ。僕はそのように自己分析しています。前半戦を一度読んですんなり理解していたら、時間不足に陥ったりしなかった。

僕が自分自身に出した結論は、〝実は、リーディングパートの最初から読めていなかった〟です。勿論、全く読めていなかったという意味ではありません。英文の一文一文を一発で100%理解できていなかったという意味です。

ETSが我々に投げ掛けてきている挑戦状は、〝もっと速く読め〟ではなくて、もっと〝しっかり読め〟ということなんじゃないかな。僕はそう思う。しっかり読めていないから頭に残らず、何度も読み返す羽目になるのです。

TOEICテストの最近の傾向と対策を〝読解スピード重視〟だと勘違いした学習者達は、こぞって文字数の多い問題集を解きまくるのかもしれないけど、それこそ、ETSの術中に嵌ることになる。手元にある公式問題集を、曖昧な理解を残すことなく丁寧に読み込んでいくことが、目標達成への唯一の近道だと思う。

丁寧に読むことを忘れてしまった学習者のもとには、速く読める未来など決して訪れはしない。

自戒の念を込めて、本稿を綴っておきます。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 13:47:18 | トラックバック(0) | コメント(4)
日英の翻訳サイトを使ってますか?
あんまりないのですが、たまに仕事で英訳をしなくてはならない局面があります。そんな時、翻訳会社に丸投げするという必殺技もなくはありませんが(笑)、何十万も翻訳料をとられるので割に合いません。そもそも、TOEIC満点を取得したと言うことが周囲にバレているわけで、そんなの自分で出来るでしょ?という目で見られます(大汗)。

ご存知でしょうか?翻訳会社の料金は、基本的には単語数で決まるのですが、50ページ以上の報告書になると、目ん玉が飛び出るような見積もりが出てきます。ふざけんなっというレベルの金額です。そうなると、全訳を依頼するのではなくて、部分的な翻訳を発注するわけですが、これが曲者で、部分的に投げると誤訳が多くなるのですね。

どの業界でも同じだとは思いますが、僕のいる業界も、専門用語や独特な言い回しが多いので、その実態を知っている業者でないと、細かい部分の翻訳が少し正確性を欠いたり、ちょっとした微妙なニュアンスの違いが出てきたりして、その修正に時間がかかります。これは自分でやるしかない。

結局、納得がいく英訳となると、自分で全部やったほうが確実で速いということになります。しかし、そうは言っても、ややこしい図表も入ったレポートを数十ページ、自力で翻訳となると、数日がかりの仕事になってしまって、他の案件が手つかずになってしまいます。

そこで、僕が活用しているのが、無料の翻訳サイトです。いろいろ試してみました。最初の頃は、Yahoo!翻訳を使っていて、確か、その後は、Google翻訳、Weblio翻訳あたりを使っていたと思います。Bing翻訳も使ってたかな?忘れました。

どれも変な訳が出てきて、いつしか止めてしまいました。これ以外にも、Dictionary.com翻訳とか、Baidu翻訳とか、Yandex翻訳なんかも一時期使ってみたことがあります。どれも悪くはないのですが、何だかピンとこない。

最近、一番しっくりくるというか、まともなというか、偶然、使えるサイトを発見してそれを主に使っています。日本語の入力さえ正確にすれば、結構信頼できる訳文が期待できます。

それが、Excite翻訳です。

例えば、こんな日本語を入力してみる。〝役員総会の正式な日程が決まるまで、次回の定例会議は無期限延期になった〟。この程度の翻訳が上手くできないようなら、そのサイトは使えません。さあ、どうかな?

エキサイト翻訳

少し修正しないといけませんが、上出来ですね。自分で全訳するよりは仕事が速くなります。翻訳サイトは全面的に信用しちゃいけないけど、誤文を訂正するような気持ちで活用すれば、大きな武器になります。

その威力は絶大ですが、決め手となるのは、日本語力です。上手く英訳され易い日本語を組み立てて入力する技術が求められるのです。時には、英語チックな日本語をあえて入力することも必要です。日本語としては不自然なんだけど、これなら上手く自動翻訳してくれるだろうというコツがあるんですね。

でも、結局のところ、無料翻訳サイトを使うことができるのは、自分で全訳する力量がある人だけなんです。だって、最終的にはエラーがないように校正するのは自分ですからね。誰か、最終チェックをしてくれる人がいるなら話は別ですよ。

だから、翻訳サイトは、あくまでも時間短縮のために使うのであって、頼り切ってはダメなのです。やろうと思えば自力で全訳できるけど、時間短縮のツールとして使うということです。僕が翻訳サイトをある程度、使いこなせるようになったのは、TOEICで900点をコンスタントに超えるようになってからです。この頃になると、文法的なエラーは起こさなくなるし、変な文章だと、何処がおかしいか気づきますからね。TOEICで培った実力は実務にも十分活用できるのです。

さて、本題に戻ると、先に紹介させていただいたExcite翻訳は、理学系とか社会学系とか、分野別にカテゴライズされていて、文書の種類によって、どんな属性かを特定すると、誤訳が減り、より適切な訳語が選択されるようになっています。これが優れている点のひとつです。上記の例では、社会学系の経済を選択してみました。

皆さんは、無料翻訳サイトは使いませんか?もし使い易いサイトがありましたら、是非、ご教示くださいませ。よろしく願いいたします。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 13:32:06 | トラックバック(0) | コメント(2)
昭和の時代、英語は特殊技能だった
季節は空高く鯉のぼりが泳ぐ5月、その社員は、上司から仕事を頼まれた。頼まれたというよりは、自らすすんで引受けたわけだが、それは誰の目から見ても、決して易しい部類のタスクではなく、結構なスキルと時間が要るものと思われた。

状況を説明しよう。

上司は、最近進んできた老眼のせいか、縁なしの眼鏡を額の辺りまで引き上げ、しかめっ面をしながら、1枚の紙片を覗き込んでいた。しばらく文字を目で追った後、ふう~、と溜息をつき、顔を上げて、こう言った。

う~ん、面倒だなあ。誰か、これ英語にしてくれないか?本部からの指示で英語版が必要なんだ。

この課に、英訳なんてできる気の利いたヤツはいない。一斉に皆が下を向き、上司と視線を合わせぬよう忙しい振りを装っていたが、そんな中、果敢にもひとりの男が立ち上がった。

あ、いいですよ。僕、今、手、空いてますから。

その新人君はフットワークよく、上司のデスクに走り寄り、1枚の書類を受け取った。

そうか、有難う。意外だなあ、君が。ただなあ、急ぎなんだよ、それ。明日の朝までに必要なんだ。まあ、時差があるから夕方までにFAXできれば間に合うんだが・・・。できるかい?

楽勝ですよ、そんなの。直ぐにできます、これくらい。

えっ?全員が耳を疑った。アイツにそんな特殊能力があったのか!皆が顔を見合わせ、オフィスがにわかにざわつく。

新人君は、濃紺のスーツの上着をヒラリと軽快に羽織り、ニッコリ笑って出て行った。ちょっと隣まで行ってきまあ~す、って言ったよな、確か・・・。

隣って何だ?何処に行くんだ?アイツ?隣のビルには・・・・。まあいいか・・・。

みんな、訝しく思ったが、自分のところに厄介な仕事が回ってこなくて良かったと胸をなでおろし、それぞれの業務に没頭するのだった。職場に平安な時間が戻ってきた。

それから10分くらいが経過しただろうか。

新人君は輝くような笑顔で戻ってきて、上司のところへ歩み寄った。

課長、コレできました!

ええ?そうか!でも・・・、やけに早いな・・・。

ん・・・。ん?ん???

課長の手元には、

A4からA5に縮小コピーされた1枚の紙片が置かれていた。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 17:05:37 | トラックバック(0) | コメント(2)
前のページ 次のページ

FC2Ad