■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得
2017年8月のIPで990点取得
2017年9月のIPで990点取得
2017年10月のIPで990点取得
2017年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 485 475 960
224 2017.10 480 465 945
225 2017.11 475 480 955
226 2017.12 485 470 955
227 2018.01 495 460 955
228 2018.03 480 475 955
229 2018.04 申込済
230以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

英文標準問題精講
このテキストは手強かった。大学受験の直前に使い始めましたが、確か、3分の1で受験本番を迎えてしまったと記憶しています。何が難しいって、訳文を読んだって解説を読んだって、英文の構造が理解できなかったんですね。

当時の僕は、社会科の選択科目である日本史で100点、現代文・古文で100点、英語は何とか50点とって逃げ切りというのが受験の必勝パターンだったから、このテキストは僕の実力を遥かに超えるものだったのですね。もう40年近くも前のことだから、何処かに消えちゃったけどね、この本は。で?

買いましたよ。

≪どーん!どどーん!どどどーん!≫
英文標準問題精講

地元の本屋さんに小説を買いに行った時に見つけちゃって、何だか復讐心がメラメラと燃えてきて衝動買いしてしまいましたよ。あの頃、太刀打ちできなかった難敵を、50歳半ばにした今、倒してやる!かかってこい!ぶっ倒してやるからな!

とはいえ、割と忙しいサラリーマンの身なので、これに掲載されている例題だけ、とりあえずやっつけます。練習問題を除くと全体の半分くらいかな?それでも結構、大変なのですよ。この本は名著だけど、難しいことでも定評があるのです。

仕方ない。買ってしまったからにはやりますよ。

ふんっ!やってやるよ!

追伸:時は流れました。この問題精講シリーズには、今や〝問題精講ノート〟なるツールが用意されておりまして旺文社さんのサイトからダウンロードできるんですねえ。先ずは、英文を書き写すところからスタートですよ。素晴らしいですねえ。学生時代に、こんなことを毎日やっていたら、僕も英語は得点稼ぎの科目になっていたでしょうねえ。惜しかったですねえ・・・。

問題精講ノート

問題精講ノート ←ココをクリック!

なかったよっ!こんなの!

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 15:08:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
1日100個覚えればいーじゃん
英語の語彙力って、どーやって高めればいいんですか?という質問に対して、その人は、いとも簡単にこう言い放った。

単語を1日100個、覚えればいーんだよ。

そして、こう続けた。

そーすれば、1ヶ月で3,000個、増えるじゃん。10ヶ月で30,000個だよ。簡単じゃん。

いやいや、計算式的にはそうなるけど、それって机上の空論になってしまう可能性が高いですよね。1日100個×30日=3,000個×10ヶ月=30,000個は分かりますって。一応、僕も学校出てるから、その程度の計算は分かります。

でもですね、未知の単語を1日100個は結構きついですよ。特に、我々のような社会人は、寝ている時間と仕事をしている時間を差し引くと、たいして自由な時間は残りません。

英単語の学習時間を1日1時間とすると、1日100個は、ほぼ1分に2個のペースで覚えていかなくちゃいけない。結構きついですよね。

そして、せっかく覚えても忘れちゃうんですよ。誰かがそう言ったら、

忘れたらまた覚えればいーんだよ。

日本語だって、しばらく使わなかった表現は忘れてしまう。だから、使わない英単語を忘れることを恐れちゃいけない。忘れたら覚えな直せばいいそうです。まあ、そりゃそーだわな・・・。

学生時代に〝試験に出る英単語〟の最初の600個を覚えたという例外を除けば、僕は英単語を単語本で覚えた経験がありません。だから、単語本で1日100個覚えるっていう話は新鮮に聴こえたものです。

この話は一理あるけど、1日100個覚えなくても、TOEICテストで困らない程度の語彙力は養えると思うんだよなあ。そんな魔法のような単語本を作ってみたいなあ。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 14:17:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
受験票が発送されたのかな?
おそらく今日あたり、今月の公開テストの受験票が発送されるのかな?早いですね。毎回、受験していると、すぐに次の受験票が送られてきますね。

6月の次は7月、その次は9月だから少し間が空きます。季節の移り替わりを公開テスト受験地の大学キャンパスで実感します。まあ、僕はほぼ100%の確率で受験会場が学校だからかな。都会に住んでいる人は、そうではないかもしれません。

受験票を受け取ると、先ずは裏面を見て会場を確認し、その後、開いて、直ぐに名前を署名します。そして写真も貼ってしまいます。その後、もし何らかの事故で受験票を紛失するといけないので、表面と裏目の両面をスマホで撮影しておきます。

実際に失くしたことは一度もありませんが、用心には用心を重ねています。テスト当日は、受験票の他に写真付きの本人確認書類が必要ですが、僕は運転免許証とパスポートを別々に持ち歩いいています。どちらか紛失しても受験機会を失わないための保険です。

毎回、受験できるのは偶然ではなくて、注意しているからです。特に、受験票が届いてからテスト当日までの期間は体調管理も含め、気を使っています。

今月も万全の状態で受験したいですね。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 12:01:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
間接的な応答問題とは?
TOEICのPart2では、間接的な応答問題というジャンルが定着してきましたね。この類の問題の難しさは何処にあると思いますか?その問に対する答えは簡単です。

今から間接的な応答問題を出題します!はい、それでは、No.15!とは、ならないからです。いつ出題されるか分からないから難しいんです。前もって心構えができないから対応が難しいのです。

更に言えば、第一発話者の問い掛けを聴いただけでは、果たして、それが間接的な応答問題なのかどうか、全く判断できません。当たり前ですが、第二発話者の応答を聴いて、それも正解の選択肢を特定できて初めて、ああ、随分、遠回しな応答だなあと感じるわけです。

冒頭、申し上げた〝間接的な応答問題〟なんていう正式なジャンルはないし、仮にあったとしても、事前に完璧な準備などできないのです。できるとすれば、全25問に対して待ち構えて答えられる実力を養うことだけです。

逆に、間接的な応答問題を今か今かと待ち受けていて、ダイレクトに素直に返答している問題に出会ったら、ああ、簡単だったと思うのでしょうね、きっと。

間接的な応答問題のことを、距離感のある問題と称する人もいます。ちょっと考えないと正解であると特定できないからです。え~、それが正解なの?ということもしばしばです。直接的じゃないから、少し頭を使わないとピン来ない。

僕はいつも思っているのですが、この間接的な応答問題ってやつは、見方を少し変えれば、正解の選択肢と誤答の選択肢の距離が近い問題なのですね。だから、正解と誤答の見分けがつきにくいのです。

じっくり考えてロジカルにジャッジすれば、どう考えても正解の選択肢しかあり得ないわけなんですけど、そうは言っても、あの時間に追われる忙しいテストで、音声を聴き取って、一発で状況をイメージして瞬時に百発百中で正解を選べる人は、やっぱり上級者なんだろうなと思うわけです。

この間接的な応答問題ってやつは、トーイッカーの心を鷲づかみにして離さないんですよね。直接、ストレートに答える問題ばっかりだったら、やっぱり、つまらないテストになっちゃうと思うんですよね。←アンタ、結局、何が言いたいの?間接的すぎるんじゃあ・・・。

間接的な応答問題はTOEICマーケッットを盛り上げていますよね。僕は大好きです。研究に研究を重ねて、いつか論文でも書くかな。誰も読んでくれないかもしれないけどさ・・・。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 18:00:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
Part2で成立しない会話
最近、仕事でもプライベートでも、どう考えても成立しない会話を耳にすることがあります。僕は自他共に認めるトーイッカーですから、婉曲的な言い回しはPart2で鍛えられています。その僕でも、そりゃあねーだろ?という会話が頻繁に聴こえてくるのです。つまり、Part2で正解に成り得ないパターンです。

A:電車遅れてるみたいだね。
B:スマホ、電池ヤバイ・・・。

微妙だ・・・。電車が遅れてるから、家まで電池がもたないと言っているなら正解かもしれんが、だったら、えっ?そーなの?家までスマホの電池もつかなあ?でしょ?アウト!

A:ここのレバニラ旨いんだよ。
B:最初はビールにしようかな。

これも微妙だ・・・。レバニラが旨いっていてるんだから、レバニラに言及すべきですよね?だったら、それに合わせて最初はやっぱりビールかな、なら分かりますよ。いきなりビールに飛ぶなよ。アウト!

A:巨人って、今、最下位なの?
B:広島が首位だよ。

ダメでしょ?セ・リーグが2チームしかないならこれでもいいよ。そーじゃないなら巨人が最下位かどうかっていう質問に答えていない。阪神、ヤクルト、DeNA、中日を無視すんなよ。これは完璧にアウト!

A:このお店は何時までやっていますか?
B:詰めれば座れますよ。

カウンターだけの居酒屋での会話です。暖簾をくぐってきたAさんの「今、混んでいるから座れないなあ、後でまた来よう」という隠れた意図を汲み取って、店員のBさんが「大丈夫ですよ、今、座れるようにお客さんに詰めてもらいますから」という状況なら分かりますが・・・。アウト!

このように、日本語の会話においても、TOEIC的に成立する会話かどうか、Part2で正解に成り得るかどうかを考えるようになってしまいました。え?なんですって?はい、そーです、ビョーキです。分かってますよ、そんなこと。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 17:50:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad