■プロフィール

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 申込み済
219 2017.04 申込み済
220以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

世界一参加しづらい勉強会
今日は、あ~るさんの“世界一参加しづらいTOEIC勉強会”に参加してきました。10人以下の少人数でしたが、そこが良かった!

輪番制で一人ひとりが解答根拠を参加者に説明していくという形式ですが、これが力になるんです。他人に説明するということは大変なことですからね。

恥をかきたくないから、そんなの嫌だという人もいると思います。高得点者に囲まれて、自分のような者が発言する資格などないと。

そんな気持ちもよく分かります。僕も引っ込み思案のタイプで、人前で自分の意見を言うのは苦手です。

でも。でもですね。沢山のTOEIC学習者を見てきて、やっぱり、恥も外聞もなく、がむしゃらに取り組んでいる人のほうが、そうでない人よりも何倍も早く目標スコアを獲るということも事実としてあります。

目標スコアは早く欲しいんです。でも、人前で話をするのは嫌で、ただ一方的に教えて欲しいんです。受け身な学習スタイルがワタシには合ってるんです。

わかります。わかります。けっして否定などしません。だけどね。たかが英語のテストですよ。自分より高いスコアの人が偉いわけでも何でもありません。ただ、何かの巡り合わせで、“今は”自分より少しだけ先を歩いているだけです。

上級者にチャレンジしてみませんか?その解釈ってオカシクありませんか?ワタシ、こう思うんですけどお!って。

きっと、日々の学習が今までより、ずっと、ずっと、楽しくなりますよ。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:01:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
謎の飲み会終了!
今日は謎の飲み会に参加してきました。別に謎でもないけど、TOEIC仲間との語らいは楽しいですね。あっという間に4時間半が経過していました。

たいしたことを話しているわけでもないのに、いくらでも泉が湧き出てくるみたいに話が途絶えることがありません。ほっといたら朝までになりますね。

花粉症が酷くて、ついに気管支炎にまで発展してしまいましたが、明日は明日で、あ~るさんの勉強会に参加させていたただきます。

またまた濃ゆ~い仲間との交流になりそうです。楽しみですね。参加者が輪番制で解答の根拠を皆の前で話すというもので、他の人の考え方を知ることができますから、大変興味深いです。参加しづらい勉強会と銘打っていますね。ネーミングも面白い。

参加後、主催者のお許しが出れば、このブロックで雰囲気をお伝えできるかな?

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 22:28:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
3/25開催の模試の復習方法セミナーご参加の皆様へ
先日、このブログにて募集しました〝模試の復習方法セミナー〟の参加全員に詳細のご案内を送信させていただきました。ご確認くださいませ。

届いていないという方は、至急、コメントをお願いします。その際、前回ご教示いただきましたアドレスとは違う、別のアドレスを書き添えてくださいますようお願いします。

現状では、僕のPCアドレスから33名の方に発信し、うち2名の方のアドレスに届いていません。そのうち、おひとりは、僕のスマートフォンから送り直していて、これは届いていると思われます。

届いていない方は、3/1にコメントを残していただいた、ハンドルネーム平仮名5文字のKさんです。お心当たりの方は、再度、このブログ記事にコメントをお願いします。PCから送ってもスマホから送ってもリジェクトされますので、おそらくアドレスが間違えているものと思われます。

どうぞよろしくお願いします。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 14:07:16 | トラックバック(0) | コメント(2)
TOEICのマジックとは?
TOEIC L&Rの990点ホルダーを5人集めて、例えばPart5を5問だけ解いてもらいます。例えばPart7のマルチプルパッセージを1セットだけ解いてもらいます。その際、〝この問題は難問です〟と前置きするとしますね。どうなると思いますか?難問なんだから、いくら超上級者だって、少しは間違えるでしょ?そう思いますか?本当にそう思いますか?

違いますね(キッパリ)。

おそらく、全員が全問正解しちゃうんです。心構えだけで正答率は変わるんです。

最初から難しい問題だって分かっていると、超上級者は集中力をMAXまで高めてきますから、問題作成者、アイテムライターの意図を読み切って、正解を選べるんです。勿論、本番では、それを難問だと、つまり985点と990点を分ける問題だと認識すれば、時間のかけ方も違ってきます。たっぷり時間をかけて、そいつを潰しにいくんですよ。ふっふっふっ。

実を言うと、TOEICの難しさは、たくさんある易しい問題の中に、少しだけ難しい問題が隠されているところにあるんです。巧妙に埋め込まれているのですね。リスニングは基本、受け身ですから、あまり問題の難易度を意識することはありませんが、リーディングは自由に時間を使える分だけ、却って悩ましいのです。100問のうち、どれが意識を集中すべき難問なのか、それを見破ることが満点への最後の壁となります。

しかし、そうは言っても、果たしてどれが難問なのか、パッと見では分からないのがイヤラシイところなんですね。なあんだ、簡単じゃん、と思って瞬間的に答えを選ぶと、落とし穴にハマることになります。また、そういう問題はあまり頭を使って解いてないから、記憶に残りにくいのですね。悩んだ問題は覚えているから、テスト後に辞書で調べたりすると、自分で正誤判定ができます。しかし、簡単だと思った問題は記憶のトリガーに引っかからないから覚えていないものなのです。ここにTOEICスコアのトリックがあるのです。できたと思った回こそ、実は〝できてない〟のです。

2年くらい前までは、〝難しい問題の定位置〟というものが決まっていました。例えば、リスニングのPart2なら最後の10問くらい、Part5なら最後の5問くらい、Part7ならシングルパッセージのラスト、ダブルパッセージのNOT問題、ほのめかし問題などなどです。

だから、上級者は難しい問題の位置にきたら巧みにギアチェンジして、そこだけ集中力を高めていたわけです。それで取りこぼしが少なくて済んでいたわけですよ。この定説が崩れた。現在のテストでは、何処に難問が仕込まれているか分かりづらくなっています。

TOEICは英検と違って級別受験ではありませんから、受験者のレベルに関係なく、全員が同じテストを受けるわけで、易しい問題から難しい問題まで、万遍なく取り揃えるのは当然ですね。そうしないとスコアの差別化ができませんから。ですが、昔は、易しい問題から難しい問題へと順番通りに進行していく親切なテストだったのです。これが、今では不親切なテストに生まれ変わりました・・・。

そーなるとですね、2時間1分、絶え間なくMAXの緊張を持続していないと全問正解を狙えないんです。常に落とし穴を意識して、横から襲ってくる敵を意識しながら歩かなくてはなりません。これは大変な変化ですよ。

問題の難易度が相対的に上がっているとか、受験者全体のレベルが上がっているとか、そういう事情もあるかもしれませんが、僕は、易しい問題と難しい問題がシャッフルされてランダムに出てくるところに新形式の難しさがあるような気がするなあ・・・。

皆さんは、どのようにお考えですか?

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 17:13:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
変なフォントは嫌いなの
Part7の文書に特有なのが、フォントのバリエーションです。Part5では「Arialの11」ですかね?たぶん、いつもコレです。だから、見づらかったりすることはないわけですが、Part7は様々なフォントが登場します、ホントの話。

老眼の眼には厳しいです。たまに、お店の宣伝のフライヤーなんかが出てきて、妙なフォントだと見えなくって、死ぬほど苦労します。やめてくれっ、頼むから!字が細いのも勘弁です。見えねーーーーつーーーのっ!!!

まー、これは慣れるしかないわけですが、我々熟年組にはハンデとなりますねえ。いつだったか、変なフォントを克服しようと思って、手元にある韓国模試をかき集めて、読みづらいフォントの文書ばっかり読んでみたことがあるんですよ。

半日くらいずっとやってたら、目がグルグル回って気持ち悪くなっちゃって、あっけなく挫折しました。あれ以来、公開テストを受ける度に、変なフォントが出ませんようにと祈っています。もはや、神頼みしかありません。

旧形式では、変なフォントはリーディングだけだったのに、新形式では油断すると、リスニングのPart3とPart4のチャート問題で出てきます。ぐわあああっ!出たあああっ!という感じですね。

リスニングから、あの変な文字を見た日にゃあ、凹みます・・・。思いっ切り凹みます・・・。

今日はダメなんじゃないかと弱気になったりもします。

なので、ETSの問題作成者の皆様、フォントは「Arial」とか「Century」とか「Times new Roman」とか「Tahoma」とか、英文に適している、英語が読み易いヤツに統一してくださいませんか?関係ないでしょ?英語のコミュニケーション力を測定するテストにフォントは?

ホントに止めてください、変なフォントは・・・。

フォントに・・・。

あ、間違えた、ホントに・・・。

悩める50代、Rabbitでした。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 17:00:53 | トラックバック(0) | コメント(4)
前のページ 次のページ

FC2Ad