■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得
2017年8月のIPで990点取得
2017年9月のIPで990点取得
2017年10月のIPで990点取得
2017年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 485 475 960
224 2017.10 480 465 945
225 2017.11 475 480 955
226 2017.12 485 470 955
227 2018.01 495 460 955
228 2018.03 480 475 955
229 2018.04 465 480 945
230 2018.05 475 450 925
231 2018.06 495 490 985
232 2018.07 申込済
233 2018.09 申込済
234以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

定年退職したら
定年退職したら長期の海外旅行に行きたいとか、仕事は引退して田舎暮らしがしたいとか、言ってる人がいますけど、僕は全くそんなこと考えていません。僕はシニア世代として、次の仕事を始めたい。それは自分が本当にやりたい仕事ですよ。

今の仕事もとても好きですけど、そうは言っても生計を立てることを第一に考えた職業だったんですね。言ってみれば、好きか嫌いかは問題じゃなかったんだ。どれだけ長く稼げるか、どれだけの生涯年収を稼げるか、大学を卒業する時、それだけを考えて選びました。

幼い頃、暮らし向きがあまり良くなかったから、自分が独立してからも経済的に苦しむのは嫌だったんですよね。だから、大学を出てからは金は稼ぐぞと思ってました。

その裏返しかもしれませんが、定年後は思いっきり好きな仕事をしたい。もう40年近くも働いてきたんだから少し休みたいなんて1ミリも思ってません。これからの人生が好きなことをやれる時間だし、まだまだ働きますよ。若い世代に世話になって食わしてもらおうなんて微塵も考えてません。身体が元気なうちは死ぬまで自分の食い扶持は稼ぎます。

気がつけば、60歳定年まで残すところ5年。それは卒業であると同時に、ある意味、新しい世界への入学でもあります。60歳なんて、まだ、ひよっこです。

僕が60歳になった時、プレゼントとして頂きたいのは赤いちゃんちゃんこではなく、新品のランドセルかな。そんなことを想っている祭の夜です。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:20:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
受験票が次々と
昨日、明治大学からIPテストの受験票が届き、今日は公開テストの受験票が届きました。申し込んでるんだから当たり前といえば当たり前なのですが、やはり受験票が届くと気持ちが引き締まりますよね。

少しは勉強しないといけないなあ・・・。とか思いますしね。つーか、毎日ちゃんと勉強しなさいって話ですが・・・。まあ、そうは言うものの、色々と忙しくてね・・・。でも昨日はPart5を初見で600問解きました。間違いは3問だったかな?

あ、そうだ、写真を撮らないといけません。当日になってバタバタするのは最低ですからね。僕は受験票が届いたら、その日のうちか、遅くとも翌日には写真を貼って署名します。それがルーティンです。

1週間後が明治大学のIPテスト、そのまた1週間後が公開テスト。2種連続でTOEICテストを受けられるなんて、素晴らしいですね!2日連続ということも、かつてありましたけど、やっぱり毎週あったほうが楽しめていいかな。

たまには模試会も出たいけど、〆切がいろいろあって、なかなか出席できません。家では2時間の模試なんてできないから、このところずっと、ぶっつけ本番ですよ。まあ、いいや、行けば何とかなるだろう、みたいな感じで。何とかならないんだけど・・・。

さて、受験票の写真を撮りに行こうっと。といっても、勿論、証明写真機だけど。しかも、最寄りの駅のホームにあるやつです。100円高い「美肌」とかにはしません(笑)。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 15:21:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
少しの間サヨナラです
昨日、お世話になった先輩のお通夜でした。今日の告別式は仕事の都合で参列できず、昨夜、お別れをしに行ってきました。遺影の御写真は最後に会った時のように微笑んでいました。

もう会えないということが嘘のようで、なんだか現実的な感じがしませんでした。僕の不遇の時代に初めて出会い、優しく接してくれて、僕のことを高く評価してくれていた先輩でした。今もって信じられません。

病気が治ったら、渡したいものがあったんだけどな・・・。まだ若い身体だから病気の進行も早かったのでしょうね。病院での治療と自宅での療養を繰り返していたようですけど、病魔は去ってくれませんでした。

御焼香をしながら、先輩の分も長生きして、強く生きていかないと申し訳ないなと思いました。志半ばで去らなければならなかった無念さは、僕も一度死にかけているので、よく分かります。

先輩、僕はもう少しこの世にとどまって、残った使命を果たしてからそっちへ行きますので、その間、どうぞ空の上から見守っていてください。

お前、相変わらず頑張ってるなあ。あんまり無理すんなよ。

よく、そう言われたけど、頑張りすぎちゃったのは先輩の方でしたね。人一倍正義感が強くて優しい人だった。TOEICで初めて満点獲って、報告しに行った時、まるで自分の事のように喜んでくれたっけなあ。

お前、すげえなあ、頑張ったなあ。

いや、僕は、先輩ほどは頑張ってないです。大したことありません。まだまだ、これから頑張ります。そしたら、また褒めてくださいね。少しの間、サヨナラです。合掌。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 15:39:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
英文標準問題精講より
標題のテキストは、旺文社が誇る不朽の名作であり、今は亡き原仙作先生が書き上げた渾身の英語学習参考書です。これにお世話になった人は多いのではないでしょうか?僕は、お世話になるレベルまで達していなくて、思いっ切り挫折しましたね。高校生の頃、英語難民であった僕には、とても歯が立つ相手ではありませんでした。

ですが、今、読んでみると結構面白い。あの頃、分からなかった構文や文法事項、語彙などが、いつの間にか分かるようになっていました。不思議なものですねえ。30年以上の時を経て、同じテキストを読んでいる。まあ、ひとつ短い英文を紹介しましょう。先ず、読んでみてください。

At present, in the most civilized countries, freedom of speech is taken as a matter of course and seems a perfectly simple thing. We are so accustomed to it that we look on it as a natural right. But this right has been acquired only in quite recent times, and the way to its attainment has lain through lakes of blood. It has taken centuries to persuade the most enlightened peoples that liberty to publish one’s opinions and to discuss all questions is a good and not a bad thing.

どうですか?たった90語で構成されている短い英文ですが、結構、学びのポイントが詰まっていて難しいでしょう?1文ずつ区切って見ていきましょう。TOEICにも出てくるテスティングポイントが沢山あります。

At present, in the most civilized countries, freedom of speech is taken as a matter of course and seems a perfectly simple thing.
≪訳文≫現在、最も文明が進んでいる国々では、言論の自由は当然のことと考えられており、また、全く簡単なことのようにも見える。

At presentはCurrentlyですね。civilizeは文明化するという他動詞です。civilizedはその過去分詞ですから、文明化した国々ということになります。freedomにもspeechにも冠詞が付いていないことに注意、これらは不可算名詞として使われています。

take A as a matter of courseで、Aを当然のことと考えるという意味です。Aに相当するfreedom of speechが主語となり文頭に出てきて受動態を形成していますね。主体が誰なのかを明確にしたくない時に、こういう表現が好まれます。

seemsにも注目。andで繋がれていますが、この主語は相変わらずfreedom of speechです。そして、seemは不完全自動詞です。後ろに名詞や形容詞を必要とし、単独では機能できません。副詞のperfectlyの役割は何?勿論、直後の形容詞simpleを修飾しているんです。TOEICでも定番の〝副詞+形容詞+名詞〟のパターンです。

We are so accustomed to it that we look on it as a natural right.
≪訳文≫私達は言論の自由あまりにも慣れてしまっていて、それを生まれつきの権利だと思っているのだ。

この英文がso~that構文であることに気づきましたか?be accustomed toで~に慣れている、look on A as Bで、AをBと見做す、でしたね。look onはTOEIC頻出語で置き換えれば、considerやregardです。2回出てくるitは何ですか?勿論、freedom of speechです。代名詞が何を表しているかは必ず突き止めながら読まなくちゃいけません。曖昧なまま読まない。

ここでのnaturalは、自然な、というよりは、生来の、持って生まれた、という意味ですね。rightは権利という意味の名詞ですが、ここでは数えられる名詞として扱われていますから、aが付いています。冠詞の有無は常に注意しながら読みましょう。

But this right has been acquired only in quite recent times, and the way to its attainment has lain through lakes of blood.
≪訳文≫しかし、この権利は本当に最近になってようやく獲得されたものであり、そして、その達成に至るまでの道程には幾多の血の海があったのだ。

ButやHoweverが出てきたら、話が逆に展開する合図でしたね。この文は等位接続詞のandで繋がれていますが、andの前後で、いずれも現在完了形が使われていることを見落としてはいけません。過去に起こったことの影響が現在にも引き続き及んでいるイメージを描いてください。だから過去形じゃダメなんです。

acquireもTOEIC出まくり単語ですね。~を獲得する、です。企業のM&Aはmerger and acquisitionです。そのacquisitionの動詞がacquireです。only in quite recent timesは、本当に最近になってのことだと強調しているわけです。onlyとquiteの存在が、この文をパンチが効いた英文に仕上げています。

has lainのlainはあまり見かけないかもしれませんが、lie⇒lay⇒lainと変化する自動詞で、存在する、ある、という意味です。lakes of bloodは生々しい表現ですね。lakeは湖ですが、ここでは比喩的に使われています。lakes of bloodで血の海です。権利獲得に至るまでの闘争により、多くの人が犠牲になった、多くの命が失われたと言っているわけです。

It has taken centuries to persuade the most enlightened peoples that liberty to publish one’s opinions and to discuss all questions is a good and not a bad thing.
≪訳文≫人が自らの意見を発表し、あらゆる問題を話し合う自由というものは、良いことであって、悪いことではないということを、最も開花した人々にさえ、これを納得せしめるには何世紀の時間を要したのである。

ここも現在完了形を使って現在と過去を強く結びつけています。It takes 時間to doの形に気づきましたか?時間を要するという場合は、takeを使うのでしたね。このtakeはTOEICのPart2にも頻出します。

persuadeも重要単語です。説得するという意味だけ覚えていても使えません。persuade someone to doか、あるいは、この英文のように、persuade someone that S+Vの形で使います。動詞の場合は、語法までマスターしていなければ不十分です。

enlightenedは、この文書の中では、冒頭のcivilizedとほぼ同義で使われていますね。別の語で言い換えて、繰り返し同じ語を使うことを避けているわけです。そして、この英文では、the most enlightened peoplesの前にevenを補うと文意がより明確になります。

that節の主語はlibertyです。概念的に使われている〝自由〟ですから、不可算名詞ですね。このlibertyを2つの不定詞が修飾しています。to publish one’s opinionsとto discuss all questionsです。これらは不定詞の形容詞的用法として、libertyを説明しているわけです。

どうでしょうか?短い文書ですが、結構、学びのポイントが隠れていますし、TOEICにも頻出する表現が沢山ありますよね。僕が何故、この英文をすんなりと読めるのか?それはTOEICで英語の基礎を身につけてきたからです。

TOEICなんてやったって何の意味もないという輩もいますが、そんなことありません。TOEICのL&Rをきちんと勉強していれば、この程度の英文は苦も無く読めるようになりますよ。大事なことはたったひとつだけ。続けることです。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 14:04:07 | トラックバック(0) | コメント(2)
思わずツッコミたくなるPart2
韓国公式実践のLCを復習しているのですが、やっぱりPart2が断トツに面白い。よく距離が遠い応答とか、間接的な応答とか言われていますけど、中には、そりゃあ、ねーだろ?と思ってしまう際どいものも散見されます。ちょっと見ていきましょう。日本語訳は所々だいぶ意訳しております。

Do you know if this milk is fresh?
このミルク、新鮮かどうか分かる?
The date is marked on the container.
日付が容器に書いてるあるじゃん。
⇒いやっ、そりゃあ、そうなんだけど、アンタは、一緒に見てあげるとか、他人に対するそういう優しさは持ち合わせていないわけ?

Can you show me how to join a conference call?
テレカンに参加するにはどうするんだっけ?教えてくれる?
Suzanne learned about that yesterday.
スザンヌが昨日、訊いてたよ。
⇒スザンヌじゃねーし・・・。オマエはどーなんだよ!オレはオマエに訊いてんだよ!スザンヌって誰なんだよ?

Did you go to the parade yesterday?
昨日のパレード、行った?
I don’t like crowds.
オレさ、人混みは好きじゃないんだ。
⇒ニートかっ!祭りとただの人混みを一緒にすんじゃねーよ!行かなかったんなら、フツーに、行きませんでした、でいーじゃんか・・・。余計なこと言うなよ・・・。

Where should we take our guests for dinner?
お客さん達、晩飯、何処に連れて行ったらいいかなあ?
I decided last time.
この前、決めたよ。
⇒だ・か・ら・・・、それを教えろよっ!いつ決めたとかじゃなくって、何処なんだよっ!勿体ぶってねーで、早く言え!しまいにゃあ、ぶっ飛ばすぞ、オマエ!

Should we drive to the store or walk there?
あそこの店まで車?それとも歩き?
My car is parked right here.
オレの車、直ぐそこに駐めてあるよ。
⇒まあ、これは親切にも乗せていってくれるみたいだから、いーかあ。でも、もしかしたら、オレは車で行くけど、オマエは歩け、とか最低なヤツだったりして・・・。乗せてやるとは言ってない、みたいな・・・。

Why did you bring your laptop to the meeting?
なんでミーティングにノートパソコン持っていったんだい?
Oh, isn’t it allowed?
えっ?持ち込んじゃいけなかったの?
⇒ちゃんと確認しとけよ。シレーっと持ち込んでんじゃねーよ。オマエのせいでオレ様がブチョーに怒られたんだぞ!ゴルアア~!

Did Carol give you the key to the warehouse?
キャロルはオマエに倉庫の鍵、渡したっけ?
I thought you had.
オレはオマエが持ってると思ってたよ。
⇒じゃあ、カギは一体、何処にいったんだよ!このポンコツ野郎どもがあっ!慌てて探せよ!無責任にも程があるぜ。

Is this morning’s meeting on-site, or is it a teleconference?
今朝のミーティングって集まるんだっけ?それともテレカンだったっけ?
The meeting invitation has the details.
詳しいことは招待状に書いてあるよ。
⇒そーだよね、うん。今朝のミーティングのことを、こんな間際になって訊くんじゃねーってことだよね。ボーっと生きてんじゃねーよ!チコちゃんに叱られるぞ。

というわけで、TOEICのPart2はマジ面白いですね。最近では、なんだか、普通の会話だと物足りなくなってきてしまいました。今月の公開テストでは、どんな問題に出会えるのでしょうか?今からワクワクしますね。うふふ。←ヘン○イです。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 13:34:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad